写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクスは3月9日、同社が提供する「Renesas Synergyプラットフォーム」のライフサイクルマネジメントの第一弾として、IoT機器メーカー向けセキュリティソリューションを、同社パートナーのData I/OおよびSecure Thingzと共に開発したと発表した。

これは、Synergyプラットフォームのファームウェア改ざんや盗難、また不正に複製されたハードウェアへのインストールを防止することを目的としたマイコン内フラッシュへの認証済みファームウェア書き込みソリューションで、これによりIoT機器メーカーは、製造委託事業者がとこであれ、製品の信頼性を維持することができるようになるという。

また、市場に出荷された後にファームウェアをアップデートする必要が生じた場合でも、チップ上の独自の「ルートオブトラスト(信頼の起点)」が、フラッシュメモリへの書き込み前にファームウェアを有効にする、もしくは解読するために用いられるため、安全にアップデートを実施することが可能だという。

なお、同ソリューションの評価用に、Renesas Synergy開発キット「DK-S7G2」とソフトウェアツール、セキュリティリファレンスソリューションとSecure Deployの評価版で構成される評価キットがすでに提供済みとのことで、評価後、Data I/OのSentriXセキュリティプログラミングプラットフォームを適用することでスムーズに量産に移行することも可能なほか、Secure Thingzのリモートアップデートソリューションを用いることで、出荷後の製品に対する安全なファームウェアアップデートサービスを展開することも可能になるという。

(小林行雄)