最近は体重を測る場合に体重計ではなく、体脂肪や代謝量、骨密度なども測れる体組成計を利用する方も多いのではないでしょうか? そして気になるのが体重もさることながら体脂肪ですよね。この体脂肪、実は二種類あって、女性につきやすいのはもちもちのお餅みたいな皮下脂肪。この憎き皮下脂肪について知り、減らす方法を考えてみましょう。

皮下脂肪と内臓脂肪

人の体につく体脂肪のうち、内臓の周りにつくのが内臓脂肪。これはエネルギーとして使われず余ってしまった脂肪が消化器官の周りなど内臓周辺に蓄えられてしまうもの。中世脂肪の固まりともいわれ、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因とも考えられています。内臓脂肪がつくとお腹全体がパンパンに張り、皮がつかめない状態になります。

リンゴ型ともいわれ、男性に多いのが特徴です。これに対し、余った脂肪が皮膚の下に蓄えられてしまうのが皮下脂肪。もともと女性は子宮で赤ちゃんを育てる役割があるため、緩衝材や体温調節の役目として皮下脂肪が多い傾向にあります。しかしこれが増えるとおへそから下の下腹や腰回り、お尻、太ももにかけて、柔らかく指でつまめるプニプニした脂肪がついてしまうんです。

皮下脂肪は落ちにくいのが問題

内臓脂肪は、増えやすいがすぐにエネルギーとして使われるので減らしやすいという特徴があります。一方で皮下脂肪はゆっくり時間をかけて蓄えられていくかわりにエネルギーとして消費されにくいため、分解しにくく落ちにくいといわれています。皮下脂肪は内臓脂肪のように悪さをしないので、すぐに病気と直結するわけではありませんが、脂肪がつきやすい生活習慣は、女性であっても内臓脂肪型に移行する可能性もあるので楽観はできません。なにより、タプタプのお腹や太ももは避けたいところですよね。

皮下脂肪を減らす方法はある!

憎き皮下脂肪ですが、たとえ皮下脂肪といえども必要がないわけではありません。脂肪にも細胞を作ったりホルモンの分泌や血液を作る大切な役割があります。脂肪をまったく摂らないというような極端なダイエットをしてしまうと、髪やお肌がカサカサになり、生理が止まってしまったり、免疫が落ちて病気になりやすくなります。脂質も適度に摂り、脂質をエネルギーに変換してくれるビタミンB群をしっかり摂りましょう。

脂肪の燃焼には筋肉が必要ですから、厳しい筋トレではなくても毎日ちょっとずつでも動く習慣を作るのが理想です。筋肉を作るタンパク質も多く摂るように心がけます。皮下脂肪はすぐに落ちないので、毎日ちょっとした筋トレとタンパク質中心の食事を長く続けるのがコツ。3ヶ月を目標に、まずは続けられることを見つけましょう。


writer:しゃけごはん