【詳細】MVはこちら

その芸術性と完成度の高さから、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、今なお愛され続けている不朽のアニメーション「美女と野獣」が、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画としてあらたに生まれ変わる。

スケールやクオリティは、世界がディズニーに求めたすべてを兼ね備えつつ、その予想や期待を遥かに超越した、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントがここに誕生した。

アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが、エンドソングとしてあらたにレコーディングした主題歌「美女と野獣(英語タイトル:Beauty and the Beast)」が現在好評配信中だが、そのミュージックビデオがついに日本で解禁された。

今回のミュージックビデオを手がけたのはデイブ・メイヤーズ。P!NKや、ジャネット・ジャクソンらのミュージックビデオを手がけ、数々の受賞歴を誇り、2005年度グラミー賞では“ベスト・ミュージック・ビデオ”を受賞した名ミュージックディレクターだ。

お城のボールルームが舞台となり、映画の鍵を握るバラをモチーフにしたダンサーたちに囲まれ、ゴージャスな赤のドレスに身を包んだアリアナ・グランデが、ピアノを弾くジョン・レジェンドとともに曲をデュエット。映画のハイライトシーンである、エマ・ワトソンが演じる主人公のベルと野獣が心を通わせ、ダンスするロマンチックなシーンも含んだ映像はまさに必見の美しさだ。

本楽曲を含むオリジナル・サウンドトラックは、作曲をアラン・メンケン、作詞をハワード・アシュマン、そして新曲の作詞をティム・ライスが担当。セリーヌ・ディオンの新曲「時は永遠に」、ジョシュ・グローバンよる新曲「ひそかな夢」も含め、日本では英語版が明日3月10日より全曲先行配信がスタートする。

そして3月22日には、英語版サウンドトラックCD、4月19日に日本語版サウンドトラックCDおよび配信が予定されている。

「美女と野獣」は、映画だけでなくサウンドトラックも、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメント作品の名に恥じない素晴らしい仕上がりになることが期待される。



リリース情報



2017.03.22 ON SALE

ALBUM『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション<英語版>』

2017.04.19 ON SALE

ALBUM『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション<日本語版>』

『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック』特設サイト

http://www.disney.co.jp/music/special/beautyandthebeast.html

映画「美女と野獣」作品サイト

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html