画像

写真拡大 (全2枚)

 カラフル・ボードはトッパン・フォームズとの業務提携を発表。共同でひとりひとりの好みに合わせた商品や表現を提案するレコメンドエンジンの開発に着手し、2017年4月からのテスト販売を目指す。

 人工知能「SENSY」を提供するカラフル・ボードは、トッパン・フォームズと業務提携し、共同で一人ひとりの好みに合わせた商品や表現を提案する「コンテンツ・パーソナライゼーションエンジン」の開発に着手することを発表した。

 同エンジンでは、カラフル・ボード開発の一人ひとりの感性を学習する特徴を持つ人工知能「SENSY(センシー)」を活用した「商品レコメンド機能」と、トッパンフォームズが保有するデザイン嗜好性データベース「Ugocus Engine(ウゴカスエンジン)」を活用して開発する「表現レコメンド機能」を融合。これにより、「誰に」「何を」「どのように」という3つの観点でレコメンドすることができる。

 具体的には、顧客情報や購買履歴から好みを解析し、各人にあわせたデザイン、キャッチコピーを用いて商品を提案する。

 今後両社では2017年4月より、同エンジンのテスト販売を開始し、同年10月より順次サービス展開を開始する予定。さらに、同エンジンを出発点として、幅広いCRMソリューションにおいてパーソナル人工知能の活用を検討していく。

MarkeZine編集部[著]