写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トレンドマイクロは9日、Wi-Fiの通信を暗号化するスマートフォン・タブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発表した。同日発売し、Android版はGoogle Playから、iOS版はApp Storeから購入可能。価格は1年版ライセンスが2,900円、2年版ライセンスが5,000円(いずれも税込)。

無料の公衆無線LAN(フリーWi-Fi)サービスでは多くの場合、スマホやタブレット、PCなどの通信が暗号化されず、第三者に通信内容を傍受され情報を悪用される恐れがある。「フリーWi-Fiプロテクション」ではフリーWi-Fiの通信を、専用のサーバを経由することでVPNで暗号化し、第三者から通信傍受やデータ漏えいなどを防ぐ。また、同社のクラウド型セキュリティインフラと連携することで、フィッシング詐欺サイトや偽サイトへの接続もブロックする。

対応OSは、Android版がAndroid 4.1以降、iOS版がiOS 9.0以降。