写真:gettyimages

写真拡大

女性の生理前のイライラなどの症状は、PMS(月経前症候群)と呼ばれ、生理が始まる約2週間前から起こるとされる。生理が始まると自然に消えたり、軽くなることが多い。

そんな生理前の状況について、あるTwitterユーザーが8日に投稿した内容が大きな反響を呼んでいる。

このユーザーは、まず「生理前の女性のことを『とってもデリケート』とか『モヤモヤ期』とか生っちょろい表現する」現状を指摘し、その結果「男性側が軽く受け取っちまうんだよ」と主張する。

そして、ユーザーはこのときの状況に対して新たに「手負いの獣」という言葉を提案。このツイートは、9日13時の時点で2万4000件以上のリツイートと、2万件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。
なお、ユーザーはこうした反響に内心恐れも抱きつつも、同意してくれた女性や理解を示した男性もきっといるだろうと推測していた。
【関連記事】
武井壮が女性のある行動に困惑「犬が映っているだけの動画を送ってくる」
石田純一 男女の恋愛観の違いを指摘「女性にとって恋愛は歴史」
千秋 女性が同窓会で経験する序列の変化を指摘「第1は我が強いからモテない」