写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アックスコンサルティングは3月9日、同社のクラウド会計ソフト「ハイブリッド会計Crew」と、BearTailのクラウド経費精算システム「Dr.経費精算」が提携したと発表した。

Crewシリーズは、給与・請求・経理のバックオフィス業務をクラウド活用を通じて効率化するクラウドソフトシリーズ。会計ソフト「ハイブリッド会計Crew」のほか、「Crew給与計算」「Crew明細配信」「Crewマイナンバー」をラインアップしている。

これらCrewシリーズはデータが自動で連携するため、異なるソフト間でのデータ転記や取込作業を削減可能で、同シリーズのソフト間での行き来はログインし直すことなくシームレスに行えるという。また、すべてクラウド上で利用できるため、OSやデバイスを問わず、インストールやバージョンアップが不要という特長がある。

Dr.経費精算は、業内で紙やExcelで管理している経費管理をクラウド上で申請承認できるワークフローを実現するもの。スマートフォンやWebブラウザから領収書を撮影、送信すると、保守義務を結んだ2000名以上の入力オペレーターが、ユーザーが撮影した領収書を代行して入力する。自動取得ではクレジットカードのほか、モバイルSuica、SMART ICOCAなどの交通系ICカードにも対応している。

今回の連携により、 Dr.経費精算で作成した経費精算データをCSVで出力し、クラウド会計ソフトCrewへ直接取り込めるようになる。

(山本明日美)