注目作が控える若手注目株がそろった (C) 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアラゴルン役で知られるビゴ・モーテンセンが、第89回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートを果たした「はじまりへの旅」の本編映像2種が、公開された。主人公ベン・キャッシュ(モーテンセン)と森林生活を送る子どもたちを演じたアナリース・バッソ、サマンサ・アイラー、ニコラス・ハミルトンのインタビューも収録されている。

 メガホンをとったマット・ロスが、第69回カンヌ国際映画祭・ある視点部門監督賞に輝いたロードムービー。アメリカ北西部の森で自給自足生活を送るベンと6人の子どもたちが、入院中の母が亡くなったと聞き、葬儀に参加するために2400キロ離れたニューメキシコへと旅立つ。

 本編映像では、キャッシュ家の生活風景と、ベンが子どもたちに戦闘訓練を行う光景が切り取られている。森の奥に建つ家の中には学術書やレコード、ハンモックが置かれ、食料庫にはビン詰めされたピクルスが並ぶ。狩りで仕留めた鹿をヴェスパー(バッソ)とキーラー(アイラー)が手際よく解体するほか、レリアン(ハミルトン)が火打石を使って器用に火を起こすさまが描かれる。

 独自の教育方針を持つベンは、子どもたちに英才教育を施すと同時に厳しいトレーニングを受けさせ、6人の息子と娘は皆6カ国語を操りアスリート並みの身体能力を誇る代わりに、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの一面も。戦闘訓練のシーンでは、ベンがヴェスパーにとがった小枝を渡して「刺して殺せ。狙うのは肝臓か腎臓だ」と教え、相手役のキーラーには「防御法を学べ」とコーチングしている。

 バッソはダイアン・クルーガーやスーザン・サランドンとの共演作が控え、アイラーは人気ドラマ「スーパーナチュラル」「グレイズ・アナトミー」で存在感を発揮、ハミルトンはスティーブン・キング原作の「イット(原題)」の出演が決定しているなど若手注目株の3人。インタビューでは、撮影を振り返り「撮影の始まる2週間前に集まってみんなでトレーニングや役作りをしたの。私たちが絆を深めるためにね。ロッククライミングやアーチェリー、羊を料理したわ(笑)。そういったことを含めてとても自然に私たちは家族になっていったの。私たちはビゴを入れると4つの異なる国から集まってきたのだけれど、本当に家族みたいに感じられたわ。そういった自然な雰囲気がスクリーンにも出ていると思う」(アイラー)とキャスト陣の“絆”を強調している。

 「はじまりへの旅」は、4月1日から全国公開。