9日、韓国メディアによると、韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領の弾劾審判で罷免を決定した場合、朴大統領はソウル江南区三成洞にある私邸を売却し、ソウル近郊の京畿道に移る方針であることが分かった。写真は大統領府。

写真拡大

2017年3月9日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の憲法裁判所が朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾審判で罷免を決定した場合、朴大統領はソウル江南区三成洞にある私邸を売却し、ソウル近郊の京畿道に移る方針であることが分かった。

朴大統領私邸の近隣住民と不動産仲介会社関係者によると、韓国大統領府の関係者とみられる人物は先月末、朴大統領の私邸と周辺建物の売却価格の相場を把握するための調査を行った。また、ある与党関係者は「弾劾審判の結果は分からないが、大統領府はあらゆる可能性に備えている」と明らかにした。大統領府は先月から朴大統領の弾劾訴追が成立した場合に備え、三成洞にある私邸の居住および警護の可否を検討していたが、朴大統領が現在の私邸に戻ることは難しいと判断したという。私邸近隣の飲食店や住民からは「朴大統領が戻ってきたら、市民らによるデモで騒がしくなる」「朴大統領の警護のため、住宅の退去を迫られるのではないかとひやひやしている」などと懸念の声が上がっている。

大統領府は当初、朴大統領の国会議員時代の地域区である大邱達城郡と朴大統領の母親の故郷がある忠清地域に私邸を移す案を検討していた。しかし、主にソウルで生活してきた朴大統領がソウルから遠く離れた地方に住居を移すのは難しいとの結論を下したため、京畿道に新たな私邸を用意する方針を固めたという。

韓国のネットユーザーの間では朴大統領の罷免を望む声が多く、この報道にも「刑務所で食事も服も用意してもらえて、警護までしてもらえるのに、なぜ私邸が必要なの?朴大統領は無期懲役に値する罪を犯した。私邸を用意しても住む機会はない」「大きな家でのんびり暮らすつもりなの?現実逃避もほどほどに」「早くも引っ越しの準備か。自分の罪のことは自分が一番よく分かっているからね」「弾劾が決まったら、韓国では恥ずかしくて暮らせないのでは?朴大統領支持団体と一緒に北朝鮮か無人島に行って暮らせばいい」「縁起の悪い家に住み続けたくないのだろう」など、朴大統領に批判的なコメントが多く寄せられた。一方、少数ではあるが、「友人女性にだまされていただけ。朴大統領に罪はない」「裁判官らは国民の感情に流されず、冷静に判断してほしい」など朴大統領の弾劾棄却を願う声もみられた。(翻訳・編集/堂本)