12星座【恋に未練たらたら】ランキング 牡牛座は手放したくないし、手放さない覚悟!

写真拡大

 過去の恋にいつまでもこだわって、新しい恋を始められない。幸せになるチャンスをスルーしてしまう。そんな人、いますよね。もしかして、あなたもそうだったりしませんか? 今回は、終わった恋に未練がましい星座をランキングで紹介します。

■第1位 蠍座……別れても、生き霊となって付きまとう!?
 恋愛に全身全霊をかけてしまう蠍座は、12星座イチの別れ下手。どんなにこっぴどくふられても、相手に対する気持ちが消えることはなく、まだ望みがあるはずと思い続けてしまいそう。しまいには生き霊となって、別れた相手に取り憑いてしまうことも!? 蠍座の情熱は100年品質。何十年経っても、虎視眈々と復縁を狙う、肝の据わった未練心の持ち主なのです。

■第2位 蟹座……まるで、家出した息子を思う母の気持ち
 愛着心が人一倍強い蟹座は、一度好きになった相手をおいそれと心から追い出せないタイプ。グレて家を飛び出した我が子を案じる母のように、「どうか戻ってきて」と願い続けるでしょう。蟹座にとって元恋人の浮気は「気の迷い」、別れという選択は「何かの間違い」でしかないのです。更生して帰ってくるその日を、今日も首を長くして待っています。

■第3位 牡牛座……手放したくないし、手放さない覚悟
 子どもが気に入ったおもちゃを手放さないように、「終わり」と言われても、ちょっとやそっとのことでは諦めないのが牡牛座。きつい言葉を投げかけられようが、元恋人に新しい彼女ができようが、これっぽっちも意に介しません。「私、別れる気ないから」と鉄の意志を発揮します。とくに身体の相性がよかった場合、何が何でも取り戻す覚悟を固めるのです。

 第4位は、誇り高い獅子座。自分は大丈夫と強がっている分、別れのダメージがなかなか癒えません。傷ついたプライドもしょっちゅう、うずいています。第5位は、内省的な乙女座。うまくいかなかった理由を持ち前の分析力を駆使して探り続けます。その姿は、誰が見ても未練がましさいっぱいです。

 第6位は、建設的な山羊座。一度築き上げた関係を壊すのは、山羊座にはハードなこと。相手に費やした日々や金額を思って、どうにか取り戻せないものかと思案し続けます。第7位は、非恋愛体質の水瓶座。「別れても、ズッ友だよ!」と、ある意味、非常に潔くない別れ方をします。

 第8位は、ナルシストな天秤座。自分がふられたという事実をなかなか認められません。とっくに終わっているのに、いつまでも取り繕おうとしてしまいます。第9位は、真性・恋愛体質の魚座。ふられたときは盛大に泣きわめきますが、トキメキなくては生きられない性分ゆえ、早々に新しい恋を見つけるタイプです。

 第10位は、潔い牡羊座。別れた瞬間、他人になります。過去を懐かしむような情緒は1ミリも持ち合わせていません。牡羊座にとって振り返ることは「負け」なのです。第11位は、何ごとにもライトな双子座。別れによって、むしろ解き放たれた気分になって、イキイキしてしまうことも。「別れたら次の人!」なのです。

 そして第12位は、楽観的な射手座。運命の人は、きっとどこかにいるはずと、つねに前向きに生きています。過去を振り返るひまがあったら、新たな出会いにエネルギーを傾けたいと思っているでしょう。どんな大恋愛も、過ぎてしまえば、ただの過去でしかないのです。

 逃した魚は大きいと、後悔しきり、未練たらたらになってしまうこともあるでしょう。でも、いつまでも後ろを振り返っていては、新しい出会いに気づくことができません。ときには、思い切ることも大切です。前を向いて、幸せをつかんでくださいね。
(月星七海)