元バルサBの横浜FMバブンスキー、古巣の大逆転劇に歓喜「不可能なんてない!」

写真拡大

 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バルセロナ(スペイン)はパリ・サンジェルマン(フランス)に6−1と大勝。ファーストレグでは0−4で敗れていたが、2試合合計スコアを大逆転で6−5とし、10年連続のベスト8進出を決めた。

 CL史上初となる4点差の大逆転劇を受け、かつてバルセロナBに所属し、今季から横浜F・マリノスでプレーしているマケドニア代表MFダビド・バブンスキーが自身のインスタグラムを更新した。同選手は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの写真を掲載するとともに、英語とスペイン語で「不可能なことなんてない!」と綴っている。

https://www.instagram.com/p/BRZSHT5jckB/

 2006年からバルセロナの下部組織で育ったバブンスキー。2013年からはバルセロナBに所属し、2016年1月の契約満了までプレーしていた。今季から日本に活躍の場を移した23歳にとって、自身の古巣が見せた“奇跡”の大逆転劇は大いなる刺激と喜びをもたらしたことだろう。