命がけのメッセージ

写真拡大

マレーシアで殺害された北朝鮮の金正男氏の息子、キム・ハンソル氏を名乗る男性が「数日前に父親が殺されました」と話す動画がきのう8日(2017年3月)までにウエブサイトに投稿された。番組で40秒間の画像を分析すると、犬の鳴き声や家電のモーターらしい反応があった。

動画の中でハンソル氏らしい男性は「北朝鮮のキム一族の出身です」と言い、今は母や妹といっしょにいて「すべてのことが好転するように祈っています」と語りかけた。パスポートを開き、誰かの名をあげて感謝する場面ではパスポートのページやハンソル氏の唇部分が黒く隠されていた。

この画像を日本音響研究所の鈴木創所長が調べたところ、中型犬らしい犬の声が4カ所入り、エアコンや冷蔵庫がよく出すブーンという家電特有の重低音もかすかに交っていた。画面がぶれることもあり、自撮りでなく撮影者がいて、スマホを使ったかもしれないという。鈴木所長は「防音マンションかホテルの一室で撮った可能性がある」と話した。

オランダ、中国、アメリカ、「ある匿名の政府」に謝意

司会の羽鳥慎一「韓国はハンソル氏だと言っています。まさに命がけのメッセージです」

コリア・レポートの辺真一編集長は「ハンソル氏は心がすでに北朝鮮を離れている。マレーシア入りすることはむずかしいが、DNAを送った可能性があります」という。毎日新聞の鈴木琢磨氏(元サンデー毎日記者)は「金正恩委員長は正男氏の一族を根こそぎにする方針で、これで第2幕が始まるイメージです」

ハンソル氏はオランダや中国、アメリカと「ある匿名の政府」からの支援に感謝するとも述べたが、世界はいつまで北朝鮮の独裁者に危険な行為をさせておくのだろうか。