tv_20170309114540.jpg

写真拡大

野球の国・地域別対抗戦WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、日本代表はきのう8日(2017年3月)、オーストラリアを4−1でくだし連勝した。きょう9日にオーストラリアが中国に勝つと、日本の2次リーグ進出が決まる。ただ、10日の対中国戦ではメジャー82勝の中国系「伝説の左腕」が立ちはだかるらしい。

きのうのオーストラリア戦は、先発菅野が1点を先取されたものの、日本は中田と筒香のホームランなどで逆転勝ちし、2次リーグ進出をほぼ確実にした。

司会の羽鳥慎一「4、5番のホームランで勝つという、こんな理想的なことはないわけです。WBCの本番前まで代表チームは2勝3敗だったのですから」

メジャー82勝の左腕ブルース・チェンが登板か

その日本代表が戦うことになりそうなのが中国のエース、ブルース・チェン投手(39)だ。パナマ系中国人で、メジャーリーグで400試合に登板していったん引退したが、WBCへ向けて中国チームの一員としてマウンドに戻った。中国のWBC史上初の元メジャーリーガーということになる。

羽鳥「名前がすごい。ブルース・リーとジャッキー・チェンを合わせたみたいです」

宇賀なつみアナ「日本は気持ちよく勝って2次ラウンドにいってほしいですね。中国戦はこのチャンネルで中継します」

なんだ、最後はテレ朝のPRか。でも、話題にはなりそうだ。