家庭教師のトライの新CMは京都弁と博多弁でみんな会話 / クララ「物知りどすなぁ」 オンジ「おおきに」

写真拡大


毎度毎度、意表を突いたCMで我々視聴者の度肝を抜いてきた「家庭教師のトライ」が、新CMをYouTube公式チャンネルにて公開しています。

「地元トライさん」と名付けられたCMは、「京都篇」と「博多篇」の計2作品。京都弁と博多弁で話すハイジやクララに、じわじわきちゃうこと必至なんですよね……!!

【地元愛が溢れて止まらないっ!】

全国各地の受験事情や学校情報を熟知する「地元トライさん」。その存在をアピールするべく制作されたCMの記念すべき初作品が、「京都篇」と「博多篇」です。

【京都弁のクララにじわり】

「信じられへんわ。トライは何考えてはんのやろ」といったナレーションから始まる「京都篇」では、したり顔のクララがイヤミったらしく「物知りどすなぁ」とつぶやき、オンジが「おおきに」と一言。最後にはトライさんが「おきばりやす」と優しく語りかける、京都弁全開な仕上がりとなっております。

「どえらいことになりましたわ〜!」と絶叫された瞬間に思わずふき出してしまったわたしですが、関西の方言は、全国的にも比較的なじみのある言葉。登場人物たちの言いたいことは、大体理解できました。

【博多弁って「げな」って言うのね】

一方の「博多篇」はというと、「信じられんばい! トライは何ばしよっちゃろか〜!?」で始まりますが、発見が多いこと! 語尾に「げな」がつくこと、「〜っちゃ」という表現など、地元民ではない人にとっては驚きの連続っ。

しかしながら「信じられんばい」「どげんしたと」など聞き覚えのある方言も満載でした。これもすべては、全国区で博多華丸・大吉さんが活躍されているせいなんでしょうかね?

どちらの作品も見ごたえ抜群、面白さも天下一品。家庭教師のトライさん、他地域バージョンの公開も、引き続き期待しておりますよ〜!

参照元:YouTube 京都篇、博多篇、家庭教師のトライ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る