新型iPhoneの発売は毎年9月ごろですが、今秋発表と噂のiPhone 8については異例のスケジュールになりそうです。

iPhone 8の部品が間に合わない?

iPhone 8に搭載される3Dセンサーの出荷が9月に間に合わない、とウェブサイト『iGeneration』が報じています。

3Dセンサーは拡張現実(AR)・顔認証に用いられると噂されています。
iPhone 8はAR(拡張現実)機能も搭載、Appleが本格参入?
→ iPhone 8はTouch IDに代わる◯◯認証を採用?

この情報が正しければ、iPhone 8に3Dセンサーが組み込まれるのは9月以降になるので、発売日も9月以降になると考えられます。

「iPhone 8の発売は遅れる」の噂が広まる

3Dセンサーではなく、指紋認証に使う技術が原因でiPhone 8の製造開始は9月以降になる、とする噂も報じられています。
→ iPhone 8発売後の入手は超困難か、その理由は・・・

さらにウェブサイト『Macお宝鑑定団』は、iPhone 7s・iPhone 7s Plusとともに9月に発表されるが発売はかなり後になる可能性がある、としています。
→ iPhone 8の正式名称は「iPhone ◯◯」、発売が遅れる恐れも

iPhone 8はいつ発売されるのか?

新型iPhoneの製造は毎年7月ごろに始まるとされ、ここ数年は9月に発売されてきました。

製造開始から2ヶ月間の猶予を設け、在庫を増やすという意図があるとすれば、早ければ9月に製造開始となるiPhone 8は11月に発売となる可能性が考えられます。

発表から2ヶ月後に発売された製品として『12.9インチiPad Pro』があります。2015年9月に発表、同年11月に発売となりました。

参考

Report: 3D sensor production ramp suggests iPhone 8 to launch later than September | 9to5MaciPhone Edition : STMicroelectronics fournira des imageurs 3D à Apple | iGeneration