『リバーデイル』

写真拡大

アメリカのティーン向け長寿コミック「Archie」の登場人物に基づいたサスペンスドラマの『リバーデイル』。今年1月26日に本国でプレミア放送された翌日27日に、日本でもNetflixにて最速配信された新作ドラマの次シーズン更新が早くも決定した。米Varietyなどが報じている。

小さな町リバーデイルに暮らす主人公の高校生アーチーと、隣人のベティ、ニューヨークから引っ越してきた裕福な家のベロニカが繰り広げる三角関係やその仲間たちの日常を描きながら、のどかな田舎町で起こる事件と、裏にある人間関係を描いた本作。『ゴシップ・ガール』と『ツイン・ピークス』を掛け合わせたような作風で、放送直後より高い評価を得ていた。

本国の放送局であるCWは他に、『ARROW/アロー』(シーズン6)、『THE FLASH/フラッシュ』(シーズン4)、『レジェンド・オブ・トゥモロー』(シーズン3)、『SUPERGIRL/スーパーガール』(シーズン3)というDCコミックを原作とする4作品に加え、長寿シリーズ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(シーズン13)、そしてコメディでは『クレイジー・エックス・ガールフレンド』(シーズン3)と、『ジェーン・ザ・ヴァージン』(シーズン4)の更新を決定している。

『リバーデイル』には、アーチー役にK・J・アパ(『Shortland Street(原題)』)、ベティ役にリリ・ラインハート(『Surviving Jack(原題)』)、ベロニカ役に新人のカミラ・メンデス。さらに、コール・スプラウス(『スイート・ライフ/ザ・ムービー』)、ルーク・ペリー(『ビバリーヒルズ高校白書』)、マリソル・ニコルズ(『GCB 〜キラめく女の逆襲バトル〜』)、メッチェン・エイミック(『ツイン・ピークス』)らが名を連ねている。

『リバーデイル』シーズン1はNetflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)