(右から)森口彩乃、佐々木心音、山田愛が出演

写真拡大

 現役AV女優・紗倉まなの小説を瀬々敬久監督が映画化する「最低。」に、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈が出演することが発表された。

 原作小説はAVが女性たちの人生を左右していく姿を描いており、映画では、日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く主婦、誇りを持って自分の仕事をこなす人気AV女優、母親を受け入れられない女子高生という境遇も性格も異なる3人の女性の交差する運命を瀬々監督が映像化する。

 主婦の美穂役を演じる森口は「紗倉さんの生み出したこの作品が、見てくださる誰かの〈力〉となる事を願って参加をさせていただきました。一見、遠い知らない世界の物語の様で、実はね……と耳元でささやかれた様な、そんな親近感のあるお話だと思います」と見どころを語る。

 人気AV女優の彩乃役の佐々木は「最低という言葉が、褒め言葉に聞こえてくる現場でした。彩乃を演じながら、私自身も物凄くもがいて生きてたように思います。そんな最低で最高な女性たちを、瀬々監督ワールドで、楽しんでもらえたら嬉しいです!」と、自身の経験も重ね合わせて演じたことを明かす。

 女子高生あやこに扮する山田は、今作が初の映画出演となり「原作を読み、絶対にやりたい役柄だったので決まった時はとても嬉しかったです。あやこは、思春期のもどかしさだったり親への思いだったり色々なものを抱えていて、溢れ出す感情を私なりに演じているつもりなので、是非多くの方に見ていただきたいです!」と自信をみなぎらせている。

 「最低。」は2017年秋、角川シネマ新宿ほかで公開。