スマートニュースのアイコンの画像。(画像:スマートニュース発表資料より)

写真拡大

 アプリ市場データを提供するApp Annieのデータに基づいた、2016年のスマートフォン・タブレット向けアプリのアクティブユーザー数ランキングにおいて、ニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」が、ベストテン入りを果たした。

 より詳しくは、iOSで6位、Androidで9位である。また、ニュースアプリに限っていえば双方ともに第1位。(これより上位にいるYahoo!は、ニュースも扱うが、ニュース専用アプリではない。また、Yahoo!ニュースというアプリは別扱いで下位のランクにいる)

 iOS、Androidともに、純粋な第1位はLINE。とはいえ、Yahoo!の系列アプリは複数がベストテンの中にランクインしており、実質的にはYahoo!が現状王位にあると言ってよさそうな感じだ。ほか、「マクドナルド」「ツムツム」「楽天」「クックパッド」などなど、そうそうたる顔ぶれである。スマートニュースは、ニュースアプリでは唯一、iOS/Androidともにトップ10入りとなっている。

 さて。スマートニュース社の幹部は、このランク入りを受け、こう語っている。「二つの意味で嬉しい。一つにはスマートニュース自体が成長しているということ。月間アクティブユーザー数だけでなくデイリーアクティブユーザー数も増えているし、滞在時間も伸びている。また、小学館のマンガワンなどマンガコンテンツとの提携も軌道に乗っていて、今後これをさらに進めていきたい」。

 ところでスマートニュースは無料アプリであり、したがって広告が多く掲載されている。同社ではこの2日から、ユーザーに合わせて最適化された広告を配信する、「oCPC(optimized Cost Per Click)」という機能を実装したという。これによりかなり広告効果は高まっているとのことで、ユーザーの視点からも、スポンサーの視点からも、スマートニュースはなかなかに魅力的なアプリケーションだというわけである。