旅行を通じて、見識を広めることは非常に価値のあることだ。中国人旅行客が日本を訪れる主要な動機は「買い物」だとされているが、それでも日本を訪れて日本社会を目の当たりにすることで何かと考えさせられることも多いようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 旅行を通じて、見識を広めることは非常に価値のあることだ。中国人旅行客が日本を訪れる主要な動機は「買い物」だとされているが、それでも日本を訪れて日本社会を目の当たりにすることで何かと考えさせられることも多いようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客による手記を掲載し、「中国経済はすでに日本を追い越したと耳にするようになったから、実際に日本を訪れて確かめてみた」ところ、日本のほうが圧倒的に発展していたと伝えている。

 記事は、中国国内では「中国はすでに経済でも科学技術の分野でも日本を追い抜いた」という論調が増えていると伝え、そうした論調を確かめるために訪日してみたと紹介。だが、日本を自分の目で見てみたところ、「その発展ぶりに驚き、中国は数十年は遅れている」と感じたと伝えた。

 では、どのような点から日本の発展ぶりを感じ取ったのだろうか。記事は東京都内の夜景の写真を掲載しているが、撮影した場所の眼下には高層ビルがびっしりと立ち並び、さらにマンションやビルが見渡す限り続いている様子が写っている。北京や上海も世界有数の大都市だが、都市化が完成した日本の街並みに衝撃を受けたようだ。

 さらに記事は、日本のサービスの質や、科学技術の社会への浸透ぶりは中国に比べて進んでいることがわかったと紹介。中国も近年は後発の優位性を活かし、サービスの質や科学技術は急激に成長しているとしながらも、それでもまだ日本とは差があることを認識したと主張し、「中国と日本の間には歴史的問題が存在するが、それでも日本に学ぶべきことは数多くあり、学ぶべき点は素直に学ぶべきである」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)