ISAK代表理事 小林りん氏

写真拡大

■たとえ方便でも、正面から受け止める

「プレゼンをした相手の反応がよくなかったときでも、ポジティブにミーティングを終わらせるのが私の鉄則です。たとえ『この環境では絶対に上手くいかないよ』と絶望的なことをいわれても、『なるほど、たしかにそうですよね』と相手の言葉を正面から受け止める。断られて、落ち込んだら、それで終わりじゃないですか。そこで終わらせないために、強い意志をもって楽観的に働きかけていく。その繰り返しだった気がします」と小林りんはいう。

リーマンショックが世界経済に大打撃を与えた2008年、小林りんは前職を辞して、新しい高校をつくるプロジェクトを立ち上げた。彼女が構想したのは、ただの高校ではない。学校教育法に基づく正式な日本の高校でありながら、同時に全寮制のインターナショナルスクールでもあるという、異例の高校だった。

その高校の名はインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)。授業は英語で行い、教員の大半を英語圏から招聘する。生徒はアジアをはじめ全世界から募集。社会のあらゆる階層の子どもが学ぶチャンスを得られるように、全額給付を含めた各種の奨学金制度を充実させる(現状では、その原資の6割近くは地元軽井沢町に集まるふるさと納税である)。

もちろん、いまだかつてそんな高校が日本に存在したことはない。荒唐無稽なプロジェクトといっていいだろう。

学校設立に必要な資金は十数億円。学校は営利事業ではないから、資金提供者に金銭的な見返りはない。つまり彼女はそれだけの巨額な資金を、善意の寄付で集めなければならなかった。

簡単でないことは、彼女自身もよくわかっていたけれど、現実はさらに厳しかった。数限りないプレゼンテーションを繰り返し資金の提供を募ったが、3年近く経っても成果はほとんど上がらなかった。それでも、彼女が諦めなかったのはなぜか。

「私が超能天気なせいかもしれないけれど、強い思い込みがあったんです。こんないいことなんだから、誰もが賛成してくれるに違いないって。実際、ほとんどの方がこのプロジェクトそのものには賛成してくださったんです」

ところが、ほとんどの場合は「総論賛成、各論反対」。次のようなロジックで、彼女の願いを退けたという。

「そういう学校があったら確かに素晴らしいと僕は思う、総論は賛成だ。ただ、自分にはあなたを支援できない理由がある。それはこれこれだと明確におっしゃってくださった。他のNPOを応援しているからとか、どこそこの理事をやっているからとか。あなたの学校は米国のボーディングスクール(全寮制の学校)に比べたら競争力がないんじゃないかとか。3.11の後は、外国から日本に生徒は来ないんじゃないかとか」

通常のビジネスでも、こういう場面はよくある。普通なら断られた時点で、「なぜ断るか」の部分は耳に入らなくなるだろう。それが相手を追い返すための方便にすぎないと感じるからだ。

けれど、彼女はそういう具合に相手の言葉を聞き流さなかった。

「断られてしまった、ということを気に病んでもしようがない。この人、私のことを未熟だと思っているんじゃないかとか、相手の言葉のウラを読んでも仕方がないと思う。それよりも、いってもらったことを額面通りに受け止めて、この人はどうしてこのプロジェクトが上手くいかないと考えているのか、という事実だけに目を向けます」

こう考えられるところが彼女の強さである。

「駄目だといわれたけれど、それは私に対する批判ではなくて、純粋にビジネス的な見地から、こことここにリスクがあると指摘してくれたんだと冷静に考え、リスクを軽減することだけに意識を向ける。そして米国のボーディングスクールに比べてどういう強みをつくっていけばいいかとか、海外から日本に来ないっていうふうにみんなが思っているんだとしたら、何をしなければいけないかとか。それをどうやって克服したらいいかという、前向きのエネルギーに変えていったんです」

■「あなたたちをずっと見ていた」

「本当をいえば、断られてもまったく落ち込まなかったといえば嘘になります。だけど、そこは意志をもって楽観する。『そうはいっても、この人は学校の理念自体を否定しているわけではないもの』って。すると不思議なもので、断られたのに、なんだかすごく有意義なミーティングだったみたいな雰囲気で終われる」

彼女はそれを楽観力と呼ぶ。「悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志のものだ」という、フランスの哲学者アランの言葉は彼女の座右の銘だ。

「目の前に立ちはだかる困難や意見の相違は、そのときは悲観材料かもしれない。けれど、逆にいえば、それを取り除きさえすれば、もしかしたらこの人もサポーターになってくれるかもしれない、いつかは協力をしてくれるかもしれないという、楽観できる未来に結びつける方法でもあるわけですよね。どちらと考えるかは、自分の意志次第だと思うんです」

断られ続けても彼女が挫けなかったのは、その楽観力のゆえだ。楽観できたからこそ、彼女はそういう場合になすべき重要なことを忘れなかった。

「忙しい相手が30分、40分と時間を割いて自分の話を聞いてくれたことに対して、まずきちんとお礼の気持ちを伝えなければいけない。ミーティングは必ず『ありがとうございました!』という言葉で締めます。断られたショックで、それを忘れてしまう人がけっこういるんだけど。私はお会いしていただいた方には、必ず手紙かメールを書くことにしています。今回はご縁がなかったかもしれないけれど、共鳴してくださったことに感謝しますと。それから、これとこれを指摘してくださってありがとうございます、こんなことを学ばせていただきました。これからも頑張りますので、また見ていてくださいって。すると3年後とかに連絡があって、どんと寄付をしてくださったりするんですよ。『ずっとあなたたちのことを見ていました』って。そういう方たちがほんとうにたくさんいて、今では私たちの学校の強力な支援者になってくださっているんです」

----------

ISAK代表理事 小林りん
1974年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。スタンフォード大学国際教育政策学修士課程修了。2008年から現職。ISAK設立に関しては石川拓治著『茶色のシマウマ、世界を変える』に詳しい。
 

----------

(石川拓治=文 大杉和広=撮影(人物) 的野弘路=撮影(開校式典風景))