カルロス・ゴーン氏

写真拡大

■「二人のカルロス」因縁の対決が始まった

再び熱を帯びてきた世界の自動車業界再編劇の表舞台に、「二人のカルロス」が躍り出てきた。一人は経営危機に陥った日産自動車に親会社となった仏ルノーから出向き、再生に導いたカルロス・ゴーン氏であり、もう片方は仏PSA(旧プジョーシトロエングループ)を率いるカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)だ。

世界の自動車市場は現在、独フォルクスワーゲン(VW)、トヨタ自動車、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「3強」が年間販売台数1000万台規模でしのぎを削る。これに割って入ろうとするのがゴーン氏の率いる「ルノー・日産連合」だ。日産は燃料不正問題で揺れた三菱自動車を昨年、電光石火で傘下に収め、3社合計の年間販売台数で3強に肉薄し、世界獲りを視野に入れる。

それもつかの間、PSAは3月6日、GMの欧州子会社である独オペルの買収でGMと合意した。買収にはオペルの英ブランド「ボクソール」も含まれ、買収が実現できれば、PSAはルノーを抜き、VWに次ぐ欧州第2位の自動車メーカーに浮上する。一方、GMは欧州での足場を失い、3強の座から脱落してしまう。日産・ルノー連合、PSAの立ち回りは世界の自動車業界の勢力図を一変させかねない、まさに台風の目となっている。

「二人のカルロス」にとって、単に欧州でのルノー対PSAというライバルの戦いにとどまらない。なぜなら、ゴーン、タバレス両氏はいまでこそ袂を分かつたとはいえ、かつては師弟関係にあり、因縁の対決にほかならないからだ。ゴーン氏は現在、ルノーの会長兼CEO、日産で社長兼会長兼CEOを務める。タバレス氏は日産の再生に当たってゴーン氏の右腕として再建に尽力し、ルノーの最高執行責任者(COO)に上り詰めた。

■大競争時代の自動車業界を制するのは?

しかし、ルノーの後継者問題でゴーン氏に禅譲を促す“舌禍”事件を引き起こしたことがゴーン氏の逆鱗に触れた。その結果、タバレス氏はルノーを追われ、ライバルのPSAのCEOに就いた経緯がある。ルノーとPSAの間には経営陣の引き抜きはしない暗黙の了解があるとされ、タバレス氏はいわば“掟破り”でPSAに電撃移籍した。オペルの買収計画について、タバレス氏は2月23日の決算記者会見で「自動車の欧州チャンピオンをつくる機会だ」と強い意欲をみせ、再びゴーン氏に喧嘩を売った。

両氏が師弟関係と呼ばれるゆえんは、その経営手法に共通点がみてとれるからだ。12年に経営難に陥り、8000人の人員削減と仏工場の閉鎖に踏み切ったPSAは、14年にタバレス氏がCEOに就き、車種削減などのリストラを断行した結果、15年に3年連続の赤字から抜け出し、16年も好業績に導いた。その手法は、「ミスター・コストカッター」の呼び名通り、ドラスティックなリストラで日産を見事に蘇らせたゴーン氏と二重写しにみえる。

そのゴーン氏は4月1日付で日産の社長とCEOを退任し、日産、三菱自の会長、ルノーの会長兼CEOとして3社連合を束ねる役目に専念する。その先には世界獲りが視野に入る。さらに、自動運転技術やシェアエコノミーを巡るIT(情報技術)企業との連携など、世界の自動車産業で勝ち残る「司令塔」としての意気込みを感じさせる。

タバレス氏も黙っていない。PSAはマレーシアのプロトン・ホールディングスの買収に意欲をみせ、三菱自と協力して東南アジアで攻勢に出るゴーン氏と真っ向勝負に挑む姿勢を鮮明にする。野望が渦巻く「二人のカルロス」の動きは、今後、大競争時代が訪れる世界の自動車産業を十分に予感させる。

(経済ジャーナリスト 水月仁史=文)