実写映画「ダンボ」主要キャストに新情報

写真拡大

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」などで知られるエヴァ・グリーンが、ディズニー製作の実写版「ダンボ」出演に向けて交渉を行っているようだ。ティム・バートン監督がメガホンを執る、実写とアニメを組み合わせた新作に、エヴァが主要な役どころで出演する可能性が出てきた。

デッドラインによると、ディズニーは同作品の主演男優としてクリス・パインと交渉を行っていたようだが、話がまとまらなかったのだという。

ディズニーはここ数年、「シンデレラ」や「ジャングル・ブック」などの実写版で成功を収めており、エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」も4月21日より日本公開予定となっている。

「ダンボ」は、普通よりも大きな耳を持ったサーカス小屋の小ゾウが、ネズミの手引きのもと、自身の持つ可能性を開花していくというストーリー。1941年に製作された名作アニメの実写化に挑む。