韓国の2016年の対中輸出額は約14兆1660億円に上り、中国は韓国にとって最大の輸出先となった。一方、韓国市場では近年、中国ブランドの存在感が高まっている。写真はキムチ。

写真拡大

在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で関係悪化が注目されている中韓だが、この状態が続けば両国の貿易にはどのような変化が生じるのだろう。中国は韓国にとって最大の輸出先となる一方、韓国市場では近年、中国ブランドの存在感が高まっているという。

参考消息網が韓国・聯合ニュースの報道として8日報じたところによると、韓国の2016年の対中輸出額は1244億3000万ドル(約14兆1660億円)に上り、中国は韓国にとって最大の輸出先となった。同年の中国からの輸入額は869億8000万ドル(約9兆9000億円)。中国の主要輸出品は半導体、無線通信設備、コンピュータだが近年は食品などもシェアを拡大、青島ビールはその一例で、ある大手ディスカウントストアで今年1-2月に売れた輸入ビールの中で最も良い売れ行きを示したという。韓国当局のデータによると、韓国が2016年に輸入した中国産ビールは3万6159トンと2010年の7倍強に増えた。

このほか、2016年に韓国が中国から輸入したキムチは過去最高の25万トンに達したとのデータもある。中国からの海産物輸入は同年に初めて12億ドル(約1370億円)を突破。中国のスマートフォンや家電、自動車メーカーも韓国市場に参入しており、北京汽車は今年1月、中型SUV「Kenbo 600」を発表した。価格の安さが消費者に受け、第1陣の120台は約1カ月で完売したという。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)