新型ポルシェ911GT3が、ジュネーブモーターショーでワールドプレミアされました。日本での受注開始は4月6日からで、日本でも間をおかずに受注受付を開始するという、最近のポルシェの流れがこの911GT3にも適用されます。

1

新型ポルシェ911GT3は、日常的な公道走行とサーキット走行の両立を高い次元で実現しているのが特徴。4.0Lの水平対向エンジンは、最高出力500psを発生する高回転型のNAエンジンで、レーシング仕様の「911 GT3カップ」のエンジンからほとんど仕様変更されることなく搭載されています。

また、リヤアクスルステアが装備された軽量構造のシャーシは、エンジンパワーを最適に変換するため専用チューンされていて、レーシングカーと同じテストサーキットで開発されているだけでなく、同じ生産ラインでラインオフされることで、ポルシェのモータースポーツ技術が市販スポーツカーに活かされています。

サーキット走行を楽しむGT3オーナーにとって朗報は、2.86kg/psという圧倒的なパワーウエイトレシオによってサーキットでも本領をいかんなく発揮(車両重量1430kg)。

新型GT3専用に調整された7速PDK(デュアルクラッチトランスミッション)を標準装備し、0−100km/h加速タイムは3.4秒、最高速度は318km/hに到達。さらに、6速MTも用意されています。なお、6MT仕様の0−100km/h加速タイムは3.9秒でPDKには及びませんが、最高速度は320km/hに達します。

可変式のリヤアクスルステアリング(後輪操舵)を備えたシャーシは、速度に応じて後輪を前輪と同位相、または逆位相に操舵されることで、俊敏性と安全性を同時に向上するシステムです。さらに、ダイナミックエンジンマウントとリヤディファレンシャルロックもドライビングダイナミクスの向上に寄与しているそう。

外観では何といっても巨大なカーボン製リヤウイングが目を惹きます。軽量設計されたフロントエンドとフロントスポイラーを含めて空力性能の最適化に寄与。さらに、排気口を備えた軽量なリヤエンドと新しいディフューザーによってエアロダイナミクスも強化されています。

スパルタンなインテリアも911 GT3の魅力。918スパイダーに由来するという直径360mmのGTスポーツステアリングホイールをはじめ、運転席と助手席に、サイドサポートが強化された「スポーツシート プラス」を装備。

ほかにも、リアルタイム交通情報とオンラインナビゲーションが標準装備される「ポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)」には、「コネクトプラスモジュール」と「トラックプレシジョンアプリ」も用意。後者はスマホで詳細なドライビングデータの表示、記録、分析が可能となっています。

新型ポルシェ911 GT3の日本仕様(7速PDK)の価格は21,150,000円で、左/右ステアリングともに設定されています。

(塚田勝弘)

新型ポルシェ911GT3が世界初公開!! 日本でも4月から受注を開始【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/09/452596/)