浙江省舟山市で旅行ガイドが落とした現金入りバッグを親切な市民が拾い、持ち主に返すという出来事があった。写真は舟山市。

写真拡大

2017年3月8日、舟山晩報によると、浙江省舟山市で旅行ガイドが落とした現金入りバッグを親切な市民が拾い、持ち主に返すという出来事があった。

7日夜、同市に架かる朱家尖海峡大橋で、男女2人が多くの人に囲まれていた。40代くらいの男性が自動車に寄りかかりながらバッグを持ち、大汗をかいた女性が笑顔でそのバッグを受け取っていたという。

話によると、この男性は現地の市民で、女性は山東省からやってきた旅行ガイドだった。女性はツアー客の点呼などに追われてうっかりバッグを置き忘れてしまったという。その後、男性がバッグを拾い、中身を確認したところ現金2万元(約33万円)とキャッシュカード、それに身分証明書が30枚余り入っていたという。

ツアー一行が落としたものかもしれないと考えた男性は、バッグ内にあった連絡先に電話をかけた。「多くのお金と身分証が入っていたのに、見つからなかったらどうしようと焦っていた」というガイドの女性は、男性からの電話を受けるとすぐにタクシーに乗って現場にやってきた。

そしてバッグは無事女性のもとへ。中身が無事であることを確認したうえで女性が謝礼を渡そうとすると、男性は「当然のことだから」と受け取らなかったという。この男性に周囲の市民には感動が広がったという。(翻訳・編集/川尻)