メルセデス・ベンツが3月9日に開幕するジュネーブ・モーターショー17で、新型「Eクラス・カブリオレ」の実車を披露するそうです。

1

公表資料によると、スリーサイズは全長4,826mm、全幅1,860mm、全高1,428mmと、現行モデル比で123mm長く、74mm幅広く、30mm高くなっています。

ホイールベースは113mm延長されて2,873mmとなり、前後トレッドもフロント:1,605mm(+67)、リヤ:1,609mm(+68mm)にそれぞれ拡幅されています。

ソフトトップ使用時にもEクラス・クーペ風のシルエットを維持しており、補強材追加により、クーペと同等のボディ剛性を確保。それに伴う重量増を抑制するため、フードパネル等に軽量なアルミ材を使用。

ソフトトップは50km/h以下であれば走行中も20秒で開閉可能で、ダークブラウン、ダークブルー、ダークレッド、ブラックの4色を設定。

安全面では走行時の転倒に備え、ロールオーバーシステムを装備。普段は後席背後に格納されていて見えませんが、非常時には瞬間的に飛び出して、Aピラーと共に乗員を保護します。

快適装備では、オプションパッケージで「エアキャップ」を設定。フロントウインドウ上部のディフレクターで空気の流れを上方に跳ね上ると共に、後席背後に設けた「ドラフトストップ」で後方からキャビンへの風の巻き込みを低減。

 

シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターで、乗員の首まわりを暖める「エアスカーフ」と併せ、季節を選ばずオープンエアドライブをたのしめます。

ミッションは9速ATを採用。エンジンバリエーションは4種類(ガソリン:3種、ディーゼル1種)で、ガソリンエンジンは2.0L直4ターボ(184ps、245ps)、3.5L V6ツインターボ(333ps)、ディーゼルエンジンは2.0L直4(194ps)となっています。

オープン走行時の快適装備も充実の新型「Eクラス・カブリオレ」の日本導入が待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:メルセデス・ベンツ)

【関連記事】

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス「ステーションワゴン」動画&画像ギャラリー
http://clicccar.com/2017/02/04/442427/

メルセデス・ベンツ Eクラスに流麗な「2ドアクーペ」が登場!
http://clicccar.com/2016/12/19/427122/

メルセデスベンツの新型Eクラスワゴンが日本上陸、価格は712万円より
http://clicccar.com/2016/11/29/421907/

メルセデス・ベンツ初のピックアップ「X-クラス」はこんなクルマ!
http://clicccar.com/2016/11/06/414378/

乗ってみてわかった新型メルセデス・ベンツ「Eクラス」の凄さとは?【動画】
http://clicccar.com/2016/09/04/397222/

【関連リンク】

メルセデス・ベンツ新型「Eクラス・カブリオレ」
http://mb4.me/E-Class-Cabriolet-2017

ジュネーブ国際モーターショー17
http://www.gims.swiss/en/

メルセデス・ベンツが新型「Eクラス・カブリオレ」を公開!【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/09/452658/)