子供を連れて夫と別居の理由とは?

写真拡大

 都心のあるパチンコ店に、俳優・山本耕史(40才)が通い始めて10年以上になるという。

「多いときは週2くらいかな。『北斗の拳』の台がお気に入りで、黙々と打ってます。10万円以上勝つときもあれば、それ以上の額を負けて帰ることもある。お子さんが生まれてからも頻繁に来てます」(お店関係者)

 子供はまだ生後3か月。手のかかる時期だが、山本のパチンコ通いには事情があった。

「産後すぐの子育てって、ほとんど父親の出番はありませんからね。休日家にいると手持無沙汰になることも多く、ふらりと自分の時間を過ごすことも多かった。そうしているうちに、夫婦間に距離が生まれてきて…」(山本を知る芸能関係者)

 2月28日、山本の妻である堀北真希(28才)が芸能界引退を発表した。2人は2015年に結婚。2016年12月に第一子が誕生している。

 第一子の性別は明かされていないが、堀北の知人によれば「元気な男の子」だという。出産直後の嵐のような日常で、最初に変化したのは夫婦仲だった。

「堀北さん似でとてもきれいな赤ちゃん。彼女も完全に子育てモードです。ただ初めての子育てですから、戸惑うことも多いようです。完璧主義な彼女ですから一息つく暇もなく世話に追われて、夜泣きもあるし、睡眠不足にもなるし、おまけに夫への食事の用意もしなければ、と疲れがたまっていった。

 山本さんも積極的にイクメンしようとしていますが、生まれてすぐの赤ちゃんに父親ができることって少ないんです。おっぱいもおむつ替えも、基本は堀北さん。あやすといっても生後1〜2か月の頃は反応があるわけでもない。山本さんは家にいてもボーッとするだけ。やることも手伝うこともなく、手もち無沙汰になって…。そんな夫の様子を堀北さんも気にしていたみたい。生活に徐々にズレが生まれていきました」(堀北の知人)

 どの夫婦も経験したことがあるだろうすれ違いだった。

「山本さん、都心の雑居ビルの一室で極秘裏にバーを経営していて、彼自身もよく顔を出しているんです。お子さんが生まれたばかりのある時、“うちもいろいろあるんだよ…”とボヤいていました。堀北さんが育児ストレスでピリピリしていたりすると、家族から離れた時間も欲しかったのでしょう。奧さんと子供が寝た後にフラリと顔を出して、夜遅くまで飲んでいくことが増えました」(バーの常連客)

 年が明けたある日のこと。堀北と山本の間でこんな話し合いが行われたという。

「“少し離れて暮らしてみようか”と。堀北さんはその方が彼も自由にできるしお互いストレスがないだろうと考えたようです。そして生後間もない赤ちゃんを連れて一時的に自宅を離れたんです。選んだ地は北海道。マスコミも知人もいないし、自然豊かで空気もきれい。赤ちゃんを育てる環境としては最高です。もちろん完全別居ということではなく、堀北さんが東京に帰ることもあるし、山本さんが会いにいくこともある。引退発表でまた周囲が騒がしくなるし、子供が落ち着くまでの一時的な避難という意味合いも強かったようです」(別の芸能関係者)

 引退声明文で綴っていた「愛する家族との幸せを守るため」に彼女は夫と距離を置いたのだ。この件について堀北の両親に話を聞こうと都内の実家を訪れたが、終日インターホンの応答はなし。

 山本の母親に聞くと、「いえいえ。ないですよ、そうした話は。確かに私も北海道に行くことはありましたが、それは息子夫婦とは関係ないことです」と、話すのみだった。

 山本の知人はこう話す。

「先日、堀北さんは東京に戻ってきました。赤ちゃんのお世話も手慣れたものに。少し距離を置いたおかげなのか以前より仲睦まじい雰囲気でした。最近は山本さんが家で食事を振る舞うことも多く、仲良くやっていますよ。それぞれのご両親の協力もあって、夫婦で外食に行くこともあるそうです。もちろん山本さんは今もパチンコに行くし、気の置けない仲間と遅くまで深酒することもあります。そのあたり、堀北さんもよく理解していますよ」(山本の知人)

 3月6日の夜10時、自身が経営する件のバーに山本が来ていた。店員と映画の話でひとしきり盛り上がり、退店したのは深夜2時。赤ら顔でタクシーに乗り込み、夜の町へ消えた。

※女性セブン2017年3月23日号