アウディQ2はまだ日本でデビューしていないため、2017年3月上旬時点ではQ3がアウディのSUVシリーズで最もコンパクトなモデルになります。そのQ3が、フェイスリフトを中心としたマイナーチェンジを受け、3月6日から発売が開始されています。

1

アウディQ3は、A3をベースに全長4.4mというコンパクトボディを感じさせない洗練されたデザイン、高い質感が魅力。2011年秋に発売されて以来、世界で累計89万台を記録し、日本でも2012年の導入以来、約1万2000台が販売されているそうです。

現在のラインナップは、FFモデルが「アウディQ3 1.4 TFSI」と「アウディQ3 1.4 TFSI sport」。

それぞれ、1.4Lの直列4気筒ターボエンジンにDCT(デュアルクラッチトランスミッション)の6速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、150ps/250Nmを発揮。JC08モード燃費は17.4km/Lと高出力と燃費と両立が自慢です。

スポーティグレードの「sport」は、1.4 TFSIをベースにスポーツシートやアウディドライブセレクトなどを装備。

4WDとなる「アウディQ3 2.0 TFSI quattro」は、180psもしくは220psの高出力と320Nmの最大トルクを発揮する2.0L 4気筒ターボエンジンに、7速Sトロニックトランスミッション(7速DCT)とお馴染みの「クワトロ」フルタイム4WDが組み合わせたスポーティなモデル。

 

今回の変更では、FF仕様の上位モデル「1.4 TFSI sport」と4WDの「2.0 TFSI quattro」のフロントバンパーを大型化。エアインレットはハイグロスブラックとなり、グリルバーはアンスラサイト仕上げとすることで、よりスポーティなデザインに変更されています。

また、「S line」のフロントバンパーを新しい意匠に変更。エアインレットはハニカムのブラックとなり、横一線に伸びたボディ同色のストラットによって上下に二分割されて精悍なデザインとなっています。

価格帯は1.4 TFSI(FF)が369万円、1.4 TFSI sportが 386万円、2.0L TFSI(4WD)が459万〜539万円。「アウディRS Q3 performance」が818万円。なお、エントリーグレードの1.4L TFSIと「RS Q3 performance」は、仕様変更なしで価格も据え置きとなっています。

※写真は欧州仕様を含みます。

(塚田勝弘)

高い質感が魅力のアウディQ2がマイナーチェンジでスポーティな顔つきに(http://clicccar.com/2017/03/09/451636/)