WXR-1900DHP3シリーズ

株式会社バッファローは、無線LANルーター「WXR-1900DHP3シリーズ」を3月下旬に発売すると発表した。同製品は、可動式高感度アンテナを搭載し、電子レンジなどのノイズを自動で検知して回避する「干渉波自動回避機能」に対応した無線LANルーター。IEEE 802.11ac 3×3に対応しており、3本の外付けアンテナによる安定したWi-Fi通信を実現する。

CPUには1GHzの高速デュアルコアCPUを採用し、内部処理を高速化した。さらに、5GHz用と2.4GHz用にそれぞれ補助チップを搭載しているため、2種類の電波を同時に高速処理することが可能で、高いスループットを実現している。デジタル変調方式「256QAM」のデュアルバンド対応で、5GHzでは最大1300Mbps、2.4GHzでは最大600Mbpsの通信が可能だ。

通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能に、4K動画の配信を優先する新機能「4Kモード」を搭載する。また、通信の混雑を解消する「バンドステアリング」により、つながっている端末を5GHz帯と2.4GHz帯のどちらか混雑していない方に自動で接続を切り替えることもできる。このほか、端末を自動追尾して強力に接続する「ビームフォーミング」や「ビームフォーミングEX」、子供のインターネットの使いすぎを防ぐ「キッズタイマー」機能なども搭載する。株式会社バッファロー
価格:18700円(税抜)
URL:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1900dhp3/
2017/03/09