『嫌われる勇気 自己啓発の源流 「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)

写真拡大

 岸見一郎氏と古賀史健氏による共著『嫌われる勇気 自己啓発の源流 「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)は2013年の発売時、初版は8000部にすぎなかったが、「オリコン2016年年間“本”ランキング」で53万5370部の売り上げを記録するなど、フタを開けてみれば100万部を優に超える大ベストセラーとなった傑作である。

 今なお売れ続けている同書のメインテーマは、オーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラーが提唱した“アドラー心理学”だ。登場人物は「人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる」と唱える“哲人”と、それを「看過しがたい理想論」だと否定する“青年”。この2人の対話形式で、読者をアドラー心理学の世界へと誘っていく。

 教育現場をはじめとして巻き起こっている大きなムーブメントに乗るかたちで、今年1月からフジテレビの木曜劇場として、同書を原案とした連続ドラマ『嫌われる勇気』の放送が始まった。タイトルこそ同じではあるが、内容は「アドラー心理学を地で行く」という女性・庵堂蘭子(香里奈)が主人公の刑事ミステリードラマだ。警視庁コンサルタントの大学教授・大文字哲人(椎名桔平)がアドラー心理学の解説をするシーンこそあれ、原作からすると、ずいぶんと思い切ったアレンジが施されている。

 同ドラマは、視聴率の面では苦戦している模様で、キャスティングなどの諸要素はともかく、原案を充分に生かしきれていないという批判的な声も少なくない。

 さらに2月上旬、悪い意味で注目を浴びることになった。日本アドラー心理学会からフジテレビ宛に「内容について、きわめて重大な問題がある」「放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたい」と訴える抗議文が発表されたのだ。

●香里奈演じる“アドラー女子”に学会が猛反発

 ドラマの主人公は、公式設定いわく“一匹狼タイプ”の女性刑事で、「その推理、明確に否定します」「それは私の課題ではありません」といった決めゼリフを持つ。自分の意志をひたすら貫く捜査スタイルで、周りの反感を買いつつも数々の難事件を見事に解決してしまうエースとして君臨している。

 そんな主人公を、日本アドラー心理学会は「(アドラーが提唱している)『相互理解のための努力』や『一致に到達する努力』や『意見や信念を分かちあうための努力』の側面を放棄しているように見受けられます」と指摘。

「一般的でない見解を、テレビのような公共的な場で、あたかもそれがアドラー心理学そのものであるかのように普及宣伝されるのは、日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになると考え、本学会としては困惑しております」という理由から、抗議文の提出に踏み切ったようなのである。

 この抗議内容に関して、日本臨床・教育アドラー心理学研究会などで活動している臨床心理士である深沢孝之氏に見解を聞いた。ちなみに、前述の日本アドラー心理学会と深沢氏が所属する日本臨床・教育アドラー心理学研究会は別団体である。

「アドラーはフロイト、ユングと共に“心理学の三大巨頭”と呼ばれている存在ですが、彼らに比べると日本では知名度がありませんでした。日本にアドラー心理学が本格的に入ってきたのは、ここ20〜30年の話で、それまではカウンセラーや精神科医でも、アドラー心理学をきちんと知っている人は少なかったのです。

 その状況が変わっていったのは、日本アドラー心理学会を設立した野田俊作先生の功績が大きいでしょう。しかし現在では、アドラー心理学を学んでいる団体は日本にいくつもあり、それぞれが独立して活動しています。今回、同学会がドラマに抗議をしましたが、彼らが日本のアドラー心理学を代表しているわけではありません。

 私自身は、一視聴者としてドラマを楽しんでいたので、『あんな抗議をしなくてもいいだろう』と思ったのが正直なところでした。私の周りでアドラー心理学を学んでいる仲間からは、主人公の表現の仕方などにはあれこれと意見が出ているものの、それは学術的にどうこうという話ではなく、あくまでも個人の好き嫌いの範囲です。

 ドラマとしては、原案の本に書かれていることを主人公がセリフのように口にしますから、やや不自然な部分はあるかもしれませんが、それも表現の形としてはあり得るでしょうし、間違っていないのではないでしょうか」(深沢氏)

●焦点となるのは“共同体感覚”の有無?

 アドラー心理学には“共同体感覚”という用語があり、日本アドラー心理学会の抗議文においても、「他者と共同し協力して生活する能力のこと」だと言及されている。同学会は、ドラマの主人公は、この共同体感覚が乏しいと非難しているようだ。

「私がアドラー心理学の“認知論”から考えてみますと、人というのは、自分の目的に沿ったものの見方をしてしまいます。今回のドラマも、主人公のぶっきらぼうな態度が、他者への協力を欠いていると思えばそう映るでしょう。

 そもそも、共同体感覚にはさまざまな要因があります。どうしたら世の中への貢献を果たすことができるのかという“貢献感”もそうですし、自分をどれだけ大事に思えているかという“自己受容感”もそうです。そのような視点で見れば、ドラマの主人公はコミュニケーション能力に個性的なところは多少ありますが、しっかりと仕事はこなしており、ぶっきらぼうなようで他者に配慮した行動や協力的な行動もしており、見方によってはむしろ共同体感覚は高いとさえいえるのではないでしょうか。

 結局、共同体感覚というものが非常に複雑で、いろいろな概念が重なっている以上、ひとりのキャラクターのある側面だけを見て『ドラマの放映を中止しろ』といった判断はできないはずです。あの主人公は共同体感覚が足りないというより、一見そう見えるが意外に複雑なキャラクターとしてデフォルメされているのだと、大らかな立場で捉えるべきだと思います」(同)

 また、ドラマ内では主人公のことを“ナチュラルボーン(=生まれつきの)アドラー”だと称している場面があり、そこが同学会は気に入らなかったのではないかと深沢氏は推察する。

「アドラー心理学には、教育論としての側面があります。社会のなかで経験を積んだり、子育てをしたりしながら共同体感覚を獲得し、よりよい人生を生きようとする運動でもありますから、“生まれつきのアドラー”という表現は、確かに形容矛盾なのかもしれません。

 そのあたりをドラマの製作側がどのように解釈しているのかはわかりませんし、私にとっても、あえてそういうキャラクター造形がなされている点は不思議でした。ドラマの展開上、なんらかの意図があるのかもしれません。字面どおりの意味なのか、もしくは別のメタファー(隠喩)なのか……。いずれにせよ、例の抗議文が出たときは、ドラマもまだ前半でしたから、その段階で“ナチュラルボーンアドラー”という言葉に強く反応する必要はなかったように感じています」(同)

●原作者がドラマのアドバイザー

 抗議をした日本アドラー心理学会にも取材を申し込んだが、「これは学術上の問題であり、当該番組にアドバイザーとして関与しておられる岸見一郎氏と、学術的な場で討論することについて、すでに合意しております」との理由から取材は断られた。岸見氏にも取材を申し込んだが、同様の回答だった。

 重要なのは、原案の著者である岸見氏がアドバイザーとしてドラマ製作に携わっていたという点である。つまり、岸見氏と同学会とで、見解の相違が生じていた可能性がある。

「私は岸見先生と直接の関係はないものの、とても厳密な本の書き方をされる人だという印象ですので、無下に批判はできないと考えています。本や論文とドラマの表現スタイルは違って当然ですので、ドラマをめぐる経過は見守っていきたいですし、昨今のアドラー心理学ブームを大切にしたいという気持ちもあります」

 アドラー心理学が人気となったのは、人々にとって実用的だからだと思うのです。“勇気づけ”という考え方があり、職場や家庭環境の調整など、良好な人間関係を築いていくにあたってアドラー心理学は大変役に立ちます。今回の問題が、あまり悪い流れになってほしくないというのが本音です」(同)

 ドラマは残り話数が少なくなってきているが、このまま放送が無事に終わるのかどうか、好奇の目で見てしまう視聴者もいるだろう。その半面、アドラー心理学の本質とは何か、一般人から識者までを巻き込んで問題提起した点においては意義深い作品だといえるのかもしれない。
(文=森井隆二郎/A4studio)