写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ゲーム特化型の超小モバイルPCなんです
黒くて小さくてボタンがいっぱいあるガジェットが大好きなジャイアン鈴木です。2016年10月に発送が開始されてから、ネットで「神機」と称されているウルトラモバイルPC「GPD WIN」を遅まきながら入手しました。今回は本製品のレビューをお届けします!

GPD WINは久々に発売されたウルトラモバイルPCです。Windowsを搭載した5インチ前後のウルトラモバイルPCとしては、2009年に発売された工人社の「PMシリーズ」、オンキヨーの「BX407A4」以来ですね。あ、2011年にWindowsを搭載した携帯電話「docomo F-07C」が発売されていますね。いずれにしても待ちに待ったニューカマーなわけです。

○小さいのに結構ハイスペックなんです

ウルトラモバイルPCと言えば、作るもの使うのも異常に器用な日本人のお家芸だったのですが、GPD WINは中国のGPD社が開発、製造しています。主なスペックは下記のとおり。

●GPD WINの主なスペック

・OS:Windows 10 Home 64bit

・CPU:Intel Atom x7-Z8700(1.60/2.40GHz)

・メモリ(RAM):4GB LPDDR3-1600

・ストレージ(ROM):64GB eMMC

・ディスプレイ:5.5インチ、1280×720ドット(光沢、267dpi)

・通信:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.1

・インターフェース:USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×1、miniHDMI、ヘッドフォンジャック、マイクロSDカードスロット

・連続動作時間:6〜8時間

・サイズ/重量:155×97×22mm/約365g

GPD WINをウルトラモバイルPCとしてご紹介してきましたが、本製品はこれまで日本で発売されてきたウルトラモバイルPCとはちょっと系統が違います。キーボードの上にスペースを割いて、ゲームコントローラーが用意されたゲーム特化型のウルトラモバイルPCなんです。

GPD WINは1月10日にマイナーバージョンアップされており、ゲームパッドの改良、キーボードの打鍵感の改良、ファームウェアの更新、技適マークの追加などが施されています。いち早く購入した人は悔しいでしょうが、いち早く改善を実施するところにはメーカーの物作りに対する真摯な姿勢が感じられます。

○キーボードの使い勝手は正直イマイチ

キーボードの使い勝手は……正直微妙です。キータッチ自体は悪くないのですが、キーボード右側に電源ボタンやL3やR3などゲームパッド関連ボタンが配置されているため、キーボード自体がかなり狭苦しく配置されています。そのためかなり注意してタイピングしないと、ふたつのキーを一緒に押してしまいます。快適に親指タイピングするには、やはりキーとキーの間隔が空いているアイソレーションキーボードがよいですね。

●GPD WINはゲーム用途で本領発揮!
でもですね。ゲームはすんげー楽しいです! 「Newニンテンドー3DS LL」とほぼ同等のサイズなGPD WINは、「Surface 3」と同じCPUを搭載しており、結構快適にゲームが動作します。筆者がプレイしたところでは「Rogue」をリメイクした「Brut@l」ならまったくストレスなく、ハマリ者続出中のド派手なFPS「オーバーウォッチ」もエフェクトは寂しくなりますが遊べないことはありません。SteamではGPD WINで快適に遊べるゲームをまとめた「日本GPD WINユーザー」というリストも掲載されているので、情報に事欠きません。

○ねじ伏せるように使い道を考えたい最新ウルトラモバイルPC

ウルトラモバイルPCがなんでこれほど長く新機種が発売されてこなかったかというと、広い層に受け入れられるカテゴリではなかったからですが、いい意味で「変態端末」を欲する人々には強烈にアピールします。ワタシも長文を書くのには利用する気はないですが、電車車内で文章の要点を書き出したり、Windows PC上でしか動作しないゲームをプレイする携帯ゲーム機として長く愛用していく所存です。

なおGPD社は、実用的なウルトラモバイルPCとして「GPD Pocket」という新機種の発売を予定しています。こちらはアップルが作ったウルトラモバイルPCとでも形容したくなる素敵デザインを目指しています。もちろんスペックもマシマシで、CPUは上位版、メモリー、ストレージは2倍の容量を搭載する予定です。クラウドファンディングというリスクはありますが、INDIEGOGOで出資を受付中なのでぜひチェックしてみてください。

(ジャイアン鈴木)