7日、中国メディア・澎湃新聞によると、3日、「2カラットのダイヤの結婚指輪を誤って捨ててしまった」との相談が、浙江省寧波市の環境衛生センターに寄せられた。

写真拡大

2017年3月7日、中国メディア・澎湃新聞によると、3日、「2カラットのダイヤの結婚指輪を誤って捨ててしまった」との相談が、浙江省寧波市の環境衛生センターに寄せられた。

【その他の写真】

環境衛生センターに連絡したのは、市内にあるエステティックサロンの店員。客の1人が店内で外した指輪を、店員がごみと一緒に捨ててしまったという。指輪を紛失したことに気付いた客が店に問い合わせて初めて発覚した。慌てた店はセンターに「何とか指輪を探してほしい」と頼み込んだ。

ごみは処分場に行く前の中継ステーションに保管されていることが分かり、センターの職員4人が手分けして捜索に当たった。3時間かけてごみ8トンを開け、ようやく見つけることができた。(翻訳・編集/岡田)