ヤフーは、東日本大震災の発生から6年となる2017年3月11日、Yahoo! JAPANで「3.11」と検索すると10円を復興支援のために寄付する「Search for 3.11 検索は応援になる。」を今年も実施します。

3月11日、「3.11」と検索。ヤフーが10円を寄付

ヤフーの復興支援活動「Search for 3.11 検索は応援になる。」は、今年で4回目となります。初回の2014年には、目標の5倍以上の寄付を集めて話題となりました
 
3月11日の0時から23時59分の間に、Yahoo! JAPANの検索窓で「3.11」と検索すると、ユーザー1人につき10円を、ヤフーが東北復興支援活動を行う6団体に寄付します。
 
もちろん、iPhoneからYahoo! JAPANで検索しても寄付額の対象となります。
 
ヤフー Search for 3.11 検索は応援になる。
 
検索ワードが「3月11日」や「3,(コンマ)11」など表記が異なると、原則として寄付額算出の対象とならないので、「3.11」で検索しましょう。なお、ユーザー数は、検索窓から検索されたユニークブラウザ数で集計されます。
 
ヤフー Search for 3.11 検索は応援になる。
 
昨年は246万6206人が3月11日に「3.11」と検索し、2,466万2,060円が復興支援活動を行う10団体に寄付されました。
 
遠く離れていても東北を想う気持ちを描いたコンセプトムービーも公開されています。 

抽選でプレゼントが当たる「くじ付き募金」や復興支援オークションなども実施

ヤフーは、検索以外にも、数多くの復興支援企画を実施しています。
 
「寄付は応援になる。」には、寄付をすると抽選で寄付先団体を応援する企業からプレゼントが提供される「くじ付き募金」として、東北の高校生の進学・就学を支援する「まなべる基金」や、「POKEMON with YOU募金」などがあります。
 
寄付は応援になる。
 
このほか、プロ野球名球会など多くの著名人や団体が賛同した「オークションは応援になる。」東北の農作物や海産物、伝統工芸品の購入を通じた支援を行う「買うは応援になる。」などが実施されています。

「大震災シミュレーション」を近日公開

首都直下地震の予測データなどをもとに、「災害時に探され、必要とされる」情報を可視化しスマホによる防災を提案する「大震災シミュレーション」や、被災三県の復旧・復興の状況を伝える「震災復興のいま」が近日公開されます。
 
「大震災シミュレーション」
 
 
Source:Yahoo! JAPAN 3.11応援企画
(hato)