「A LIFE〜愛しき人〜」では、浅野忠信演じる壮大が暴走!?

写真拡大

いよいよ最終回が近付いてきた2017年の冬ドラマ。注目4作品のクライマックスのストーリーと、ドラマ解説者・木村隆志氏による結末予想を紹介する。

【写真を見る】「カルテット」では、謎が深まる真紀(左・松たか子)に鏡子は混乱(右・もたいまさこ)

■ 沖田・深冬・壮大の三角関係は!?

「A LIFE〜愛しき人〜」の第9話(3月12日(日)夜9.00-10.04、TBS系)では、深冬(竹内結子)の脳から出血が。深冬は意識を取り戻すも、患部の状態が落ち着く3週間後まで手術ができなくなってしまう。もっと早く方法を見つけ、手術できていればと沖田(木村拓哉)が悔やむ中、壮大(浅野忠信)は虎之介(柄本明)に、深冬の手術を自身が行うと断言する。

■ドラマ解説者の結末予想

橋部敦子脚本の結末は、リアリズムの中に今後の希望を抱かせる傾向が。深冬の執刀医を巡る沖田と壮大の衝突は解消され、力を合わせた手術シーンへ。愛しき人を救った2人は別々の道を歩みそう。沖田と深冬は小児医療に尽力する同志、壮大と深冬は公私共に真のパートナーとなり、三角関係は終了。沖田が再び世界へ旅立つシーンが見られそう。

■ 真紀の過去が結末のカギを握る!?

「カルテット」の第9話(3月14日(火)夜10.00-10.54、TBS系)では、幹生(宮藤官九郎)の母・鏡子(もたいまさこ)の元を富山県警の大菅(大倉孝二)が訪れ、真紀(松たか子)の写真を見ながら「実際の早乙女真紀は別の女の人」と告げる。話を聞いて混乱した鏡子は、収監されている幹生の元へ向かう。

■ドラマ解説者の結末予想

近年の坂元裕二脚本は幸福な結末が多く、土井裕泰演出の「猟奇的な彼女」('08年TBS系)も同様。誰かの片思いが成就し、2組のカップルが誕生する期待感十分。ただ、高橋一生さんが終盤の展開に「ゾッとした」と語っていたことから、真紀の過去が全てをブチ壊すなど「それでも、生きてゆく」('11年フジ系)のような、“みぞみぞする”結末になる予感も。

■ 最後に浩一の笑顔が見られるのか

「嘘の戦争」の最終話(3月14日(火)夜9.00-10.09、フジ系)では、警察や六車(神保悟志)に追われる浩一(草なぎ剛)が、カズキ(菊池風磨)の居場所を突き止め、証拠のデータを消した理由を問いただす。

■ドラマ解説者の結末予想

「銭の戦争」('15年フジ系)で草なぎさんが演じた主人公は、復讐を遂げても満たされず金貸しを辞めませんでした。今作も浩一は隆(藤木直人)に勝ち、二科家を破滅させても、詐欺師を辞めないのでは。後藤法子脚本と三宅喜重プロデュース・演出の特色は、切なさの余韻を残す結末。ハルカ(水原希子)と楓(山本美月)との三角関係も幸せにならず、最後まで浩一の笑顔は見られないか。

■ 倫子は幸せを掴み取れる!?

「東京タラレバ娘」の第9話(3月15日(水)夜10.00-11.00、日本テレビ系)では、倫子(吉高由里子)は早坂(鈴木亮平)との関係に幸せを感じている中で、激しく落胆しているKEY(坂口健太郎)に遭遇する。一方、体調を崩して寝込んでいる香(榮倉奈々)の元には涼(平岡祐太)が現れ、香は動揺。小雪(大島優子)も丸井(田中圭)に泊まりに来てほしいと誘われ、断り切れずに丸井の家に足を踏み入れる。

■ドラマ解説者の結末予想

倫子にとって、恋ならKEY、結婚なら早坂ですが、カタルシスが大きいのはKEYとのハッピーエンド。KEYも亡き妻への“タラレバ”を卒業できたとき、初めて倫子とほほ笑み合えるのでは。伊藤響CPと南雲聖一演出の結末は、カラッとしたハッピーエンドが多いだけに期待大。あるいは、どちらとも結ばれず“タラレバ”なまま続編につなげる可能性も?