“U-20代表初得点”を挙げたFW久保建英(FC東京U-18)

写真拡大

[3.8 練習試合 U-20日本代表候補 2-0 FC東京]

 U-20日本代表候補に飛び級で招集されているFW久保建英(FC東京U-18)が同代表“初ゴール”挙げた。FC東京との練習試合(45分×2本)で2本目から出場した久保は、後半7分に左足のシュートを突き刺し、追加点をマーク。得点シーン以外でも来場者を沸かせるテクニックを披露するなど、2-0の勝利に貢献した。

 活動初日となった7日の練習後に「今日は思ったよりもできなかった」と自身の出来に不満を示していた久保。「昨日終わったあとに選手のみなさんと話をして、自分がこういうことをしたいっていうのを要求させてもらって、その結果、何本もいいパスが来て良かったかなと思います」。思うようにプレーに絡めなかった前日の反省を踏まえ、この日は低い位置にも顔を出してボールに多く触った。

「攻撃の時は自由にやっていいよと言われていて、すごく楽にプレーさせてもらいました」。周囲のサポートもあって伸び伸びとプレーした久保は、後半3分に鋭いスルーパスでFW小川航基(磐田)のチャンスを演出。同6分には細かいタッチで自らシュートコースを作り、左足を振り抜いたが、ボールは枠外に飛んだ。

 それでも直後に会場のどよめきを誘う。後半7分にMF原輝綺(新潟)がボール奪取から右サイドを突き進み、PA内の小川に横パス。小川がタメを作って左横に送ると、受けたのはフリーの久保だった。15歳FWの前に立ちはだかったのは、自身がU-18チームでプレーするFC東京に青森山田高から今季加入したGK廣末陸。久保は相手が届かないゴール右隅へ左足で正確に流し込み、U-20代表での“初得点”を記録した。

 久保はゴール後もあまり表情は変えず、チームメイトからの祝福に対しても控えめな態度を崩さなかった。「ただ決めるだけの簡単なゴールだったと思うので、落ち着いて決めたというわけではないですけど、あそこは決めなきゃいけなかったので、決められて良かったです」。試合後には自身のゴールを冷静に振り返った。

 2日間のみの短期キャンプはこの日で終了。各選手は所属チームに戻り、代表メンバー入りを目指してアピールを続けることになる。久保は「今の段階では今日出したプレーが今できるプレーだと思うので、ここからもっとユースとかでもやれているようなプレーを出していきたいなと思っています」と自身の目標について語った。

 年上の選手たちと活動を重ねるごとに存在感を高め、現実味が帯びてくるU-20W杯の飛び級出場。「U-20の世界大会ともなれば、世界のトップレベルで活躍している選手もいないわけではないですし、もし選ばれたとしたら、自分とその選手たちとの差を確かめるいい機会でもありながら、同時に自分が将来活躍しようと思ったら避けては通れない人たちだと思うので、そこにも挑戦していけたらいいなと思います」。言葉は控えめだが、15歳の目には強い野心が宿っていた。

(取材・文 阿部哲也)


●U-20W杯韓国2017特集ページ