スピードに乗った突破を見せるU-20日本代表候補FW岩崎悠人(京都)

写真拡大

[3.8 練習試合 U-20日本代表候補 2-0 FC東京]

 持ち味を発揮する場面は限られた。1本目のメンバーとして先発出場を果たしたU-20日本代表候補FW岩崎悠人(京都)は、2トップの一角に入って試合をスタート。しかし、自慢の快足で相手の裏を突く動きでボールを呼び込む場面は少なく、試合後に自身も悔しさを滲ませていた。

「(裏に抜けるのは)味方とタイミングが合わなかったし、後ろが落ち着いていない場面もあったので少し難しい部分もあった」。しかし、裏に抜けるのではなく、トップの位置からポジションを落としてボールを呼び込むなど、攻撃を活性化させようと奮闘した。前半15分には後方からのボールを呼び込むと、前線に走り込むMF森島司の動きを見逃さずにパスを供給。PA内に進入した森島がファウルを誘い、先制点につながるPKを獲得した。

「背後に抜けるというよりも落ちてボールに触れる回数の方が多かったけど、その中で司くんに出せたのは良かった」と得点機会を演出したことに安堵の表情を浮かべる。試合状況に応じてポジショニングを変えてボールを受けることは、所属する京都で「意識していること」であり、「今までやってきたことが少しでも出せたのは良かった」。しかし、ゴールまでの距離が「結構遠かった」位置でのプレーが多くなったことは課題として挙げ、「もう少し前でプレーできたら、もっと良いと思う」と話した。

 この日はポジションを争うFW久保建英(FC東京U-18)がゴールという結果を残した。「メチャクチャうまくて、いい刺激をもらった」と語りつつも、「でも、その中で勝ち残っていかないといけない」とU-20W杯メンバー入りに闘志を燃やす。「チームでやるべきことをやって試合に出るのが大事。まずはサンガでスタメンを取れるように頑張っていきたい」とまずは所属クラブでのポジション奪取を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)


●U-20W杯韓国2017特集ページ