(c)日本テレビ

写真拡大

 松坂桃李主演ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』のオリジナルストーリーが、Huluにて配信されることが決定した。

参考:KAT-TUN上田竜也、三枚目キャラで新境地 『視覚探偵 日暮旅人』で滲み出た優しい人柄

 日本テレビ系で現在放送中のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』は、シリーズ累計85万部を記録する山口幸三郎の小説『探偵・日暮旅人』を、『トリック』『SPEC』シリーズの堤幸彦が実写ドラマ化したヒューマン・ミステリー。五感のうちの聴覚・嗅覚・味覚・触覚を失った主人公・日暮旅人(松坂桃李)が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使して、難事件を解決していく。

 この度、3月19日に放送される最終回放送後に、Huluのオリジナルストーリーとして『死体の行方』(全3話)が配信されることが決定。現金輸送車の強盗団に拉致された旅人が、新たな事件に巻き込まれていく模様が描かれていく。ゲストキャストには、野間口徹、松尾諭、林泰文、やべきょうすけらの名前が並んでいる。

 主演の松坂桃李は、Hulu版について「本編からつながっての撮影だったので、僕のなかではHuluだから、という意識の棲み分けはありませんでした。でも、まさかHuluでオールアップするとは思いませんでした(笑)。本編とは一味違う日暮旅人の世界観を楽しんで頂ければと思っています」とコメントしている。 (リアルサウンド編集部)