日本と中国は似ているようで違う国であり、その違いは日常生活のありふれた場面でも数多く見ることができる。中国メディアの今日頭条は7日、日本人のごく日常的な生活のなかで見た中国との違いについて紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国は似ているようで違う国であり、その違いは日常生活のありふれた場面でも数多く見ることができる。中国メディアの今日頭条は7日、日本人のごく日常的な生活のなかで見た中国との違いについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、数多くの写真を掲載しつつ、日中の生活上の違いを指摘している。例えば、日本では戸建て住宅でも窓に面格子が設置されていない場合が多いことを指摘。中国では防犯対策として、窓に面格子が設置されていることが一般的で、玄関の扉は2重の防犯扉となっていることが多い。

 中国ではそれだけ空き巣や窃盗が多く、人びとは日常的に警戒していなければならないことを意味するが、日本では人の手が届く場所にある窓ですら面格子が設置されていないことを伝え、驚きを示した。

 また、日本にはいたる場所に自動販売機が存在することを紹介し、「お金と商品が詰まった箱」であるにもかかわらず、自動販売機の窃盗事件はほとんどないと指摘。さらに、野菜などの無人直販所も取り上げ、「売り物は商品ごとにきっちりと整理して並べてあり、お金を入れる箱が置いてあるだけなのに、誰も盗まない」と伝えた。

 そのほか記事は、日本のスーパーでは「入り口で手荷物を預けたり、出口で万引きをしていないかの検査は行われない」と指摘。当然、日本でも万引きは数多くあるものの、店側の対応から消費者に対する信頼が透けて見えると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)