正解教えます!春肌作りのスキンケアにやるべきこと、やらないこと

写真拡大

コスメやファッションなど春を迎える準備はバッチリですか? でも実は多くの方が春のスキンケアへシフトチェンジすることは忘れがちです。この時期から春まで肌トラブルを起こす方が多いのは、春を迎えるお肌の準備がしっかりできていないことがほとんどの原因かもしれません。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が春のスキンケアへシフトすべきこと、NGスキンケアをご紹介します。

春のスキンケアは“守り”のシフトチェンジが基本

春は花粉によるアレルギーなどからお肌を守ることに加え、4月から紫外線量が増えると言われていることから本格的な紫外線対策も必要となってきます。春美肌をつくる基本はズバリ守りのスキンケアへシフト!

ポイントは2つ、“バリア機能を高める”と“紫外線対策”です。

(1)バリア機能を高める

春のスキンケアではいつもよりたっぷりめの化粧水でお肌の角質層にしっかり水分を与えてあげましょう。こうしてしっかり保湿をすることでバリア機能が高まり、花粉や紫外線など外部刺激に対抗できる強いお肌つくっておくことが大切。保湿によりバリア機能を高めることが春の肌トラブルを防ぐ第一歩ですよ。

(2)早めではない紫外線対策

真夏のギラギラした太陽=紫外線というイメージがあるかもしれませんがそうではありませんよ。お肌を守るためには年中紫外線対策は必要ですが、春からは本格的な紫外線対策を始めなければいけません。

4月頃から紫外線量は増えると言われているので、日焼止めやメイク下地などで紫外線カットの強さを少し高めのものにシフトするのも良いでしょう。本格的な紫外線対策はまだ早いと思っていた方、早めではないので今すぐ始めていきましょう!

NGなシフトに要注意!

春美肌をつくるためにスキンケア法をシフトすることは大切なポイントですが、シフトがNGとなるものもあるのでチェックしてみてください。

スキンケアラインのシフトチェンジは要注意

季節の変わり目はお肌が敏感になっている場合が多いのです。そんな時に新しいスキンケアラインにシフトすることで敏感になっているお肌が反応して炎症などの肌トラブルを起こしてしまうこともしばしば。花粉などのアレルギーなども加わり、最悪な結果となる場合もあるので、季節の変わり目のこの時期、スキンケアを新しくするのはなるべく控えることがおススメです。

ピーリングなどのケアは控えて

お肌の古い角質ケア「ピーリング」などを行うのは少し控えた方がいいかも。角質はくすみの原因などではあるのですが、外部刺激からお肌を守る働きもあるというのも事実。春のスキンケアへシフトする段階では、バリア機能を高めておくことを最優先させる必要があります。そのためピーリングは少しガマンして時期をずらして行うことをオススメします。

いかかでしたか? 美肌キープのために行う春のスキンケアへのシフトすべきことにプラスしてNGなシフトについてご紹介しました。爽やかで明るい春の陽気に負けない春美肌を保つためにも是非参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ Kiselev Andrey Valerevich / shutterstock

【筆者略歴】

杉本由美

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。