1


ありがちな「かんたん設定」すら簡単じゃない!という人でも頭を悩まされずにWifi様のありがたみを享受できる、超簡単にセットアップ可能で、Wi-Fi信号の強度や安定性、さらにはセキュリティ面も強力。

そんな次世代型ともいえる高機能Wi-Fiルーター「kisslink」が、メディアジーンが運営するクラウドファンディングサイト、machi-yaで支援者を募集しています。

パスワードいらずの認証設定


一見してWi-Fiルーターには見えませんが、コア技術として、特許取得済みの「近接認証」技術を採用。Wi-Fiパスワードの代わりに端末を近づけるだけでネットに接続することができるんです。



ご覧の通り、Wi-Fi対応デバイスをkisslinkの近くにかざして、kisslinkのアクセスポイントを選択するだけ。面倒なパスワード入力もアカウント設定も必要なし、です。

kisslink本体の設定も簡単で、電源とネットワークケーブルを差し込むだけ。複雑な構成や混乱を招くようなソフトウェアはないし、192.168.1 ...を入力といったナンセンスな設定も一切ありません。


LEDの色まで変えられる多機能さ



iOSとAndroidアプリが提供されており、遠隔でデバイスを承認したり禁止することができるだけでなく、kisslink自体の無効化やマルチSSID機能、必要に応じて、従来のWi-Fiパスワードを設定したりもできます。その他、同期パネル周りのLEDの色の変更なんてことも。



その他、珍しい機能として「ゲストモード&時間制限」機能を搭載。設定した時間をすぎると、再度kisslinkとの接続が必要な為、家庭内であれば、お子様のネット利用の制限に、飲食店などではお客さん向けの一時的なフリーWi-Fiとして活用できます。


既存ルーターのエリア拡大にも



複数台のkisslink同士で電波を中継させることもできますし、既存のWi-Fiルーターの中継器としても利用可能です。kisslink複数台で中継する場合の設定も超簡単で、スマートフォンでそれぞれのkisslinkを順に触れるだけで完了します。リビングは快適だけど、書斎やベッドルームでは電波がイマイチ...、という状況を一瞬で解決できそうですね。


「ZEN」ボタンでトラブル復帰も一発



一般的なWi-Fiルーターにありがちな、トラブル対応もkisslinkなら全く問題ありません。ただ本体の「ZENボタン」を押すだけで、kisslinkは自動的に300以上のパラメータを診断しネットワークを最適化してくれます。細いピンで奥深いリセットボタンを押す必要や、電源を抜き差ししたりする必要がないって最高ですね。

そんなkisslinkは、現在、「<先着50名> 35%OFF 超超早割コース(6500円)」「<先着100名> 30%OFF 超早割コース(7000円)」など、machi-yaクラウドファンディング限定のお得な支援プランが用意されています。

自宅のWi-Fi環境のアップグレードや見直しの選択肢に入れてみてはいかがでしょう。


machi-ya

(ロバーツ町田)