“裸エプロン”の女性が迎えてくれる床屋

写真拡大

集客のために、“裸エプロン”の女性がひげそりなどを行う床屋が話題を呼んでいる。

カザフスタン・オスケメンにある床屋で、裸エプロン、または細いTバックだけをつけている女性たちがひげそりをしてくれる様子が公開された。

この女性は近隣のクラブに勤めている女性たちで、宣伝のために駆り出された素人とのことだったが、常連客はいつもの担当より女性たちに髭を剃ってもらうことを頼んだという。

刺激的な床屋だと欧米メディアで一斉に取り上げられると、床屋には多くの客がやってきたそうで、宣伝は見事に成功したようだ。

ネットでは「すばらしい。ぜひ自分もやってもらいたい」「ほとんどの国で理容師は国家資格なり免許制だ。この床屋は違反していると思う」「実に魅力的だが、実際はエプロン姿しか見えないわけで、おそらく目も閉じているからあまり意味がない気がする」「見えることが問題じゃないんだ。そこにあるということが重要なんだ」といったコメントが寄せられている。