青葉屋での大立ち回りが第1位に!! 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 米Colliderが2001年以降に公開された映画の中から「21世紀の最高のファイトシーン27」をランキング。第1位に、クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」で描かれた、主人公ザ・ブライド対ゴーゴー夕張&クレイジー88の大立ち回りが選ばれた。

 対象は映画のみで、1作品につき1シーンに限定。飛び道具なし、至近距離での肉弾戦がセレクトされた。トップに輝いたユマ・サーマン主演「キル・ビル」では、ゴーゴー夕張を栗山千明、殺人集団クレイジー88の面々を田中要次、北村一輝、高橋一生、真瀬樹里らが演じていた。

 第2位は韓国の鬼才パク・チャヌク監督の「オールドボーイ(2008)」、第3位はインドネシア発のバイオレンスアクション「ザ・レイド」、第4位には中華圏で絶大な人気を誇るドニー・イェン主演「イップ・マン 序章」が続き、トップ10のうち6作品がアジア作品が占めた。

 米Collider選出「21世紀の最高のファイトシーン27」は以下の通り

1.「キル・ビル」ザ・ブライド対ゴーゴー夕張&クレイジー88
2.「オールドボーイ(2008)」廊下での乱闘
3.「ザ・レイド」ラマ&アンディ対マッド・ドッグ
4.「イップ・マン 序章」ドニー・イェン対10人の黒帯
5.「イースタン・プロミス」裸のビゴ・モーテンセン対チェチェンのギャング
6.「グリーン・デスティニー」ミシェル・ヨー対チャン・ツィイー
7.「ザ・レイド GOKUDO」イコ・ウワイス対セセプ・アリフ・ラーマン
8.「トム・ヤム・クン!」レストランでの取っ組み合い
9.「ボーン・アルティメイタム」ボーン対デッシュ
10.「ウォーリアー」王座をかけた対決
11.「グラディエーター」マキシマス対ティグリス対トラ
12.「HERO(2002)」ジェット・リー対ドニー・イェン
13.「スパイダーマン2」スパイディ対ドック・オク
14.「クリード チャンプを継ぐ男」アドニス対ザ・ライオン
15.「インセプション」重力無視のバトル
16.「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」オペラ座
17.「ウォッチメン」オープニングシーン
18.「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」マックス対フュリオサ
19.「ジョン・ウィック」家宅侵入
20.「ニンジャ・アベンジャーズ」棒術のファイト
21.「スター・ウォーズ フォースの覚醒」レイ&フィン対カイロ・レン
22.「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」エレベーター内での戦い
23.「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」ロキシー対ラモーナ
24.「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」ソードファイト
25.「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ザンダーでのバトル
26.「俺たちニュースキャスター」ニュースチームのストリートファイト
27.「キング・コング」T-Rexとの戦い