『22年目の告白─私が殺人犯です─』 (C) 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明のW主演で、絶対に捕まえられない美しき殺人犯役(藤原)と殺人犯を追う刑事役(伊藤)で初共演する『22年目の告白─私が殺人犯です─』。この映画の予告編が解禁となり、主題歌が感覚ピエロに決定したことがわかった。

[動画]解禁となった『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告編

本作は、2012年に韓国で公開され、動員270万人を突破したクライムサスペンス『殺人の告白』を原作にした作品。1995年に残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人犯が、時効を迎えた22年後に“殺人手記”の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃事態が描かれていく。

解禁となった予告編は、22年前に起こった連続殺人事件のあらましを伝えた後、「懸命の捜査も虚しく事件は時効を迎えた」というナレーションが入り、続いて、その事件の犯人が本の出版記者会見を開き、「はじめまして。私が殺人犯です」と堂々と名乗るシーンへと繋がっていく。

その犯人・曾根崎は、美しい容姿で、自著片手に会見・サイン会・テレビ出演とキャンペーンを展開していく。そして犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道やSNSにより美しい容姿とともに拡散された曾根崎は、日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく。

クズっぷりが姿を現すのは、この動画の中盤から。牧村刑事を見つけた曾根崎が、牧村にしか聞こえないくらいの小さな声で「あんたが鈍くさいから5人も死んだんだよ」とつぶやくなど、ほかの人にはわからないようにターゲットのみを怒らすなど、腹が立つほどのクズっぷりを披露している。

主題歌を歌うのは、インディーズながら宮藤官九郎脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』で主題歌に抜てきされ一躍有名となった感覚ピエロ。若者から絶大な人気を誇る彼らが、書き下ろしの楽曲「疑問疑答」で映画主題歌に初挑戦する。

藤原は本作出演に「すごく難しい役でしたが、(仕上がりが)とても楽しみです。衣装チーム・ヘアメイクチーム含め、話題性・カリスマ性のある一人のキャラクターを作り上げてもらって、監督、まわりのスタッフが新たな役を作ってくれました。今まであるようでない役柄です。本当に自分としても面白かったです。伊藤さんとの共演は、刺激的でしたね。面白い方ですし、勉強になりました。伊藤さんの発言によって、俳優として気づかされたところも多かったです」とコメント。

伊藤は「物語の軸が、僕が演じ牧村中心に動いているので、見ている人が前後をちゃんと想像できるように監督と一つひとつ丁寧に話しながら作っていきました。主演の名前に藤原竜也くんの名前を聞いたときにはすごく嬉しかったですし、一緒に実際にやってみて、壁がないというか、盛り上げて現場を引っ張っていくのはものすごく頼もしい役者さんです」と述べている。

『22年目の告白─私が殺人犯です─』は6月10日より全国公開となる。