同点弾を決めたMF成宮唯

写真拡大

 スペイン遠征中のU-23日本女子代表は6日、U-23ラ・マンガ国際大会の3戦目でU-23スウェーデン女子代表と対戦し、3-1で勝利した。同大会初勝利を挙げた日本は、1勝1分1敗で大会を終えた。

 ここまでアメリカに0-2、ノルウェーに2-2と未勝利だった日本。何とか1勝を挙げて大会を終えたいところだったが、スコアレスで折り返した後半11分に失点。追う展開を強いられる。

 しかし後半28分から反撃を開始。MF成宮唯のループシュートで同点に追いつくと、同33分にはFW大矢歩のクロスからFW道上彩花が決めて逆転。同39分にはMF猶本光のパスから大矢が決めて、突き放した。

 JFAによると、「最後の試合を勝利で飾ることが出来てよかった」と大会を振り返った猶本は、「もっと球際でボールを奪えたり、チャンスメイクできる選手になりたい」と課題克服を誓った。

[先発]

GK:林崎萌維

DF:山守杏奈(HT→石井咲希)、羽座妃粋、三橋眞奈、清水梨紗

MF:伊藤美紀(76分→杉田妃和)、中村みづき(HT→猶本光)、隅田凜、成宮唯

FW:道上彩花、白木星(HT→大矢歩)

[控え]

GK:石野妃芽佳

DF:葛馬史奈、須永愛海、松原有沙

MF:三浦成美