イギリス出身で、今最も勢いのあるアーティストのひとり、エド・シーラン。2015年末に休業を発表してから1年ほど世界中を旅していたけれど、今年に入って新曲を次々と発表。今月にはアルバム『÷』も発売され、アメリカやイギリスのイベントで歌を披露するなど大忙しの日々。

今ではアメリカや日本でも大人気の彼だけど、その世界的人気に拍車をかけたのは、テイラー・スウィフトのライブ。テイラーは、まだまだアメリカではブレイクしていなかったエドとアルバム『RED』でコラボし、北アメリカのツアーでオープニングアクトにエドを起用。その結果、エドが腕にタトゥーで「RED」のロゴを入れるほどふたりは仲良しに!

そんな恩人であり友人でもあるテイラーを驚かせるであろうニュースが…。なんとエドが、テイラーを中心とした仲良し美女軍団"テイラー・スクワッド"の数名とコトに及んだことがあると暴露したみたい!

Happy 4th from us ❤️

A post shared by Taylor Swift (@taylorswift) on

「テイラー・スクワッド」にはジジ・ハディッドやヘイリー・スタインフェルド、ブレイク・ライブリー、セレーナ・ゴメス、カーラ・デレヴィーニュ、ヴィクトリアズ・シークレットの(元)エンジェルたちカーリー・クロス、リリー・オルドリッジ、マーサ・ハント… などの豪華メンバーが"所属"。

エドとテイラーはただの親友で、恋仲ではないといつも言っているけど、テイラーの友人となると話は別のよう。<ローリングストーン>のインタビューで、テイラーの『RED』ツアーに参加していた頃の恋愛事情についてこう激白。

「テイラーは、セレブの世界で生きてるんだ。彼女とツアーをまわっていた頃のボクは、イギリス出身の、まだ何もわかっていないダサい22歳の男だった。一方でテイラーはというと、すでにアメリカで最もビッグなアーティストに上りつめていて、セレブな友人に囲まれてたんだ。(中略)すごく簡単だったんだ…。起きた瞬間にまわりを見渡して、『どうしてこうなったんだ?』って思うことがしょっちゅうあったよ」

奥手そうなエドの衝撃的な告白にビックリした人も少なくないはず…! でもアルバム『x』に収録されているヒット曲「Don't」では、「とあるアーティストとセックスしていい雰囲気になったけど彼女に裏切られた」と歌っていて、これが"テイラー・スクワッド"のメンバーでもあるエリー・ゴールディングだと言われているんだとか(エリーは否定し続けている)。

現在エドには、有名になる前から知り合いだったチェリーという彼女がいるみたい。最近ヒールが折れた彼女のために、スニーカーを脱いだ姿がキャッチされたばかり! すでに1年以上も関係は続いているそうだし、ラジオのインタビューで結婚を意識しているとも発言。"セレブ"な恋愛からはもう卒業したようで何より。

÷

Buy Now