6日、華夏経緯網は、台湾当局が日本向けに制作した福原愛さんの夫が出演する農作物PR動画の日本語字幕に誤りが続出し、当局が修正するトラブルが起きたと伝えた。写真は福原愛さんと江宏傑さん。

写真拡大

2017年3月6日、華夏経緯網は、台湾当局が日本向けに制作した農産物PR動画の日本語字幕に誤りが続出し、当局が修正するトラブルが起きたと伝えた。

記事によると、動画は3月7日〜10日の「FOODEX JAPAN 2017」(第42回 国際食品・飲料展)向けに制作されたもので、卓球・福原愛さんの夫で「卓球王子」こと江宏傑(ジアン・ホンジエ)さんが台湾各地の農産物を使ったレシピを紹介している。

その中で、「あなたに『愛』の台湾の味を差し上げます」というフレーズが「あなたの提供する台湾の味」となっていたり、江さんが福原さんに電話で「オーケー、後でね」と語るシーンでも「オーケー、参照は待ちます」と意味不明な訳になっていたりと、日本語字幕の誤りが続出。動画を見た日本企業勤務の女性は「翻訳の質がひど過ぎる。訳した人の日本語能力がひどいか、グーグル翻訳をそのまま張り付けたかだろう」と語り、日本語学部を卒業したという女性も「日本語が全く意味不明。基本的な会話ができれば正確に訳せるレベルなのに、農業委員会は何をしているのか」と感想を述べている。

台湾のネットユーザーからは「これが国際的な場で放映されれば、台湾のイメージを損ないかねない」との意見も出たようだ。

これに対して、台湾・行政院農業委員会国際処の林家栄(リン・ジアロン)副処長は「動画は高雄市政府が広告会社に委託して制作したもの。確かに日本語訳に誤りがあった」とコメント、本番までに手直しを終えるとの考えを示した。(翻訳・編集/川尻)