仏北部リールのレストランで、飲食代金として支払われたユーロの硬貨と紙幣(2012年11月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スペイン北部のホテルで、100人以上から成るグループが数千ユーロ相当の飲食代を払わずに「食い逃げ」した事件に関し、警察当局は首謀者とみられるルーマニア人の男(48)を逮捕した。

 内務省によると、容疑者の男はスペイン・レオン(Leon)県のポンフェラーダ(Ponferrada)で身柄を拘束され、8日に裁判所に出廷する予定。

 事件はスペイン北部ベンビブレ(Bembibre)のホテル・カルメン(Hotel Carmen)で先月27日で発生。洗礼を祝うためとして100人以上の集団が2000ユーロ(約24万2000円)の宴会を楽しんだ後、即座に逃走し、警察が捜査を行っていた。

 レストランの支配人、アントニオ・ロドリゲス(Antonio Rodriguez)さんはラジオ局カデナ・セル(Cadena Ser)に「踊っていたと思ったら突如として消えた。1分で100人がいなくなった」「少人数のグループに分かれて出て行ったのではなかった……全員が一度に出て行ったんだ」と語った。

 しかし、ホテル・カルメンから約10キロ離れた別のレストランも、2月中旬に同様の被害に遭っていたことが後に分かった。この時は結婚のお祝いと称して約200人が集まり、1万〜1万2000ユーロ(約120万〜約144万円)を踏み倒したという。

 逮捕された男は予約の際、それぞれ洗礼者の後見人、および新郎の父親を名乗っていたと、地元紙ディアリオ・デ・レオン(Diario de Leon)は報じている。
【翻訳編集】AFPBB News