<ビッグスター2人の共演が実現する。スピルバーグがメガホンを取り、ペンタゴン・ペーパーズ暴露事件を題材にした『ザ・ポスト』に出演する>

ハリウッドのキングとクイーンと称される、俳優トム・ハンクスと女優のメリル・ストリープが遂に映画初共演を果たす。

作品は米紙ワシントン・ポストがスクープした、ベトナム戦争についての国防総省の機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を巡る調査報道をテーマにした実話ドラマ。スティーブン・スピルバーグ監督と2人の名優がタッグを組み、ベトナム戦争でのアメリカの役割を詳細に描き出す。

【参考記事】ベトナム戦争の「不都合な歴史」を若者に伝える傑作ノンフィクション

ハンクスが演じるのは、ペンタゴン・ペーパーズを暴露したワシントン・ポスト紙の編集主幹ベン・ブラッドリー。これと対立するのがストリープ演じる発行人キャサリン・グラハムだ。

製作・総指揮はスティーブン・スピルバーグ。映画の題名は『ザ・ポスト(仮題)』。

ペンタゴン・ペーパーズはベトナム戦争(1945年〜1967年)下で交わされた米国防総省とベトナム側との軍事取引の内容が記された極秘の公式報告書。

ストリープは今年1月、出演した映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016年)で、アカデミー賞ノミネートは20回を数え、同賞の歴史上、最も有名な俳優の1人に。これまで、『ソフィーの世界』(1983年)と『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(2012年)で獲得した2度の主演女優賞はじめ、3度オスカーに輝いた。

【参考記事】サッチャリズムが、現代日本の参考には「ならない」3つの理由

ハンクスは、『フィラデルフィア』(1993年)と『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)で2度の主演男優賞に輝いた。スピルバーグ監督作品ではこれまで『プライベート・ライアン』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』、『ターミナル』、最近では『ブリッジ・オブ・スパイ』に出演している。

トゥファイル・アフメド