イ・シヨン&キム・ヨングァン、新ドラマ「番人」の主人公に抜擢!

写真拡大

イ・シヨンとキム・ヨングァンが息を合わせる。

MBCは8日、5月に初放送される予定の新月火ドラマ「番人」(仮題) の主人公として、イ・シヨンとキム・ヨングァンが抜擢されたと伝えた。

「番人」は犯罪によって愛する人を失い、平凡な日常が一夜にして壊される人々が痛みを乗り越え、正義を実現する会を作る物語だ。

MBCは「韓国の現実を反映するリアルな事件に、『番人』という仮想の組織をファンタジー的に組み合わせて披露する、アクションスリラー物だ」と説明した。

イ・シヨンは、射撃選手出身の元刑事チョ・スジ役を演じる。犯罪で娘を失ったが、巨大な権力を背景に法の網をかいくぐる犯人を直接捕まえるため「番人」に合流する。復讐を超えて正義を実現していく人物だ。

キム・ヨングァンが演じるチャン・ドハンは、鳶が鷹を生む“欲望検事”だ。しかし実際は悔しい事情を持って、復讐のために怪物になっていく人物を演じる予定だ。

「TWO WEEKS」「輝くか、狂うか」などのソン・ヒョンソクプロデューサーが演出を担当し、キム・スウン作家が2016年、ドラマ公募展で奨励賞を受けた脚本だ。5月に韓国で初放送される予定だ。