ナイトウィング(左)とグリーンアロー 写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

 DCコミックの映画化企画が目白押しの米ワーナー・ブラザースが、ナイトウィングを主人公にした単独映画をラインナップに加えることを新たに計画中だという。

 ワーナーは、ガル・ギャドット主演の「ワンダーウーマン」(全米公開6月2日)、オールスターキャストが結集する「ジャスティス・リーグ」(同11月17日)、「アクアマン(原題)」(同2018年10月5日)、大ヒット作「スーサイド・スクワッド」続編、ベン・アフレックが主演する「ザ・バットマン(原題)」など、DC原作の映画化が多数待機している。米ハリウッド・レポーターによれば、ビル・ドゥビューク(「ザ・コンサルタント」)が既に“ナイトウィング”作品の脚本執筆に着手しており、「レゴバットマン ザ・ムービー」のクリス・マッケイに監督をオファーしているという。

 初代ロビンとしてコミックファンの間では知られているナイトウィングことディック・グレイソンは、空中ブランコ曲芸師の一家に生まれサーカス団で活躍していたという設定。ある日、ショーの最中に両親が何者かに殺害されるなか、偶然その場に居合わせたブルース・ウェイン(バットマン)に引き取られ、相棒ロビンへと育て上げられていく。その後、バットマンと共にゴッサムシティにはびこる悪との戦いを繰り広げ、若手ヒーローチーム「ティーン・タイタンズ」を結成。ナイトウィングと名を変え、独り立ちしたというキャラクターだ。

 オファーを受けているマッケイは、テレビアニメ「ロボットチキン」シリーズの監督を3シーズンにわたり務めた後、「LEGO(R) ムービー」のアニメーションスーパーバイザーを経て、2月21日の全米公開から現在までに1億8240万ドルを稼ぎ出すメガヒットとなっている「レゴバットマン ザ・ムービー」で堂々の長編監督デビュー。今回の契約がまとまれば初の実写映画となるだけに、今後の交渉の行方に期待が高まる。